港南区・栄区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

フィリピンの医師ら 「災害医療体制」を視察 横浜医療センターに訪問

社会

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
宮崎医師(左)とフィリピンの医師ら
宮崎医師(左)とフィリピンの医師ら

 横浜医療センター(戸塚区原宿)に1日、フィリピンのマニラ首都圏で災害や救急医療支援に携わる医師4人をはじめ行政官らが研修に訪れ、同院の医療体制について学んだ。

 同院は災害発生から48時間以内の急性期に活動できる機動性を持った災害医療チーム(DMAT)を保有する「神奈川DMAT指定病院」に指定されている。また横浜市内で発生した災害現場に、消防と連携して迅速に出動し医療活動を行う横浜救急医療チーム(YMAT)の指定病院でもあり、県内の災害時医療において中心的な役割を担っている。

 この日は同院の救急科で集中管理部長の宮崎弘志医師が、災害時の医療体制や他の医療機関との連携、また同院自体が災害にあった際の予防措置などについて解説を行った。また院内設備の見学も行われた。

 フィリピンは世界有数の自然災害被災国。過去10年間の災害発生件数は東南アジア地域全体の3割を占め、同国では災害対策を国の重要課題の一つに位置付けている。今回の訪問は、救急医療資機材の専門商社・ワコー商事(藤沢市)が国際協力機構の支援のもと行う、同国の災害救急医療体制の構築を目指した調査の一環で実施された。

 フィリピンの医師らは7月31日から8月3日までの期間中、横浜市医療局、消防局なども訪れている。訪問した医師は「過去の災害の経験をもとにした準備がインフラ等に反映され、意識の高さを感じた」と振り返った。

注文住宅からリフォームまで

ご予算・お住まいに応じたプランをご提案します。お気軽にご相談ください。

https://www.o-jk.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

10大ニュース市が受付中

10大ニュース市が受付中 社会

プレゼントも

11月26日号

オンラインで「キャンドル」

港南台

オンラインで「キャンドル」 文化

会場開催に代えてズームで

11月26日号

桂台中生徒と苗植え

湘南桂台みどりの会

桂台中生徒と苗植え 社会

秋の花壇に彩り

11月26日号

西尾会長に厚労大臣表彰

港南区食品衛生協会

西尾会長に厚労大臣表彰 社会

「安全確保し、食の楽しさを」

11月26日号

ウェブで写真展

横浜市

ウェブで写真展 文化

姉妹都市街並み

11月19日号

世界の消防用具ずらり

栄消防署

世界の消防用具ずらり 社会

秋の火災予防運動で

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク