港南区・栄区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

(PR)

石井誠弁護士が答える 元気の出る法律相談(86) 「相続放棄を撤回したい」

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena

 Q、父が亡くなりました。法定相続人は父の子である、私と弟の2人です。私は先日、相続放棄の手続きを行いましたが、この相続放棄をなかったことにすることはできますか?

 A、まず、一度行った相続放棄は、「撤回」することができません(民法919条1項)。したがって、気が変わった等の理由で相続放棄の撤回をすることは許されません。

 もっとも、相続放棄をしてしまったことについて、詐欺や強迫など「法律上の取消事由」が認められる場合には、一定期間内であれば、家庭裁判所に相続放棄の「取消」の手続きを行うことができます(同条2項〜4項)。本件のケースでも例えば、弟に強迫されて相続放棄をしたのであれば、強迫状態から脱した後6カ月以内等の条件を満たせば相続放棄の取消手続きを行うことが可能です。

 また、錯誤により相続放棄をしてしまった場合(例えば、借金しかないと思って相続放棄をしたが、実は多額の預貯金があり相続財産はプラスであった場合等)にも、一定の要件を満たす場合には、相続放棄を錯誤により「無効」であると主張することができる場合があります。

 法律に関することは、法律のプロである弁護士にお気軽にご相談下さい。

上大岡法律事務所

港南区上大岡西1‐6‐1 ゆめおおおかオフィスタワー22階

TEL:045-840-2444

http://www.kamiookalaw.com/

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

横浜市港南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

原点は「人と街を豊かにする」

横浜版Y-SDGsの上位認証

原点は「人と街を豊かにする」

根本建設株式会社

6月10日号

飯島団地で移動販売開始

飯島団地で移動販売開始

住民要望から「買い物支援」

6月10日号

がんゲノム医療を知る

横浜市立大学

がんゲノム医療を知る

オンラインで無料講座

6月10日号

専門家に聞いてみる

相続・借地権・住宅ローン・不動産トラブル

専門家に聞いてみる

まとめて解決「無料相談会」

6月10日号

相続物件・空き家に悩む方へ

マンション・戸建て・土地・ビル・アパートなど 東京建物不動産販売

相続物件・空き家に悩む方へ

査定・相談無料 まずはお電話を

6月3日号

片付け不要で古家売却

ウスイホーム上大岡店

片付け不要で古家売却

状況問わず即現金化

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter