港南区・栄区版 掲載号:2019年2月7日号
  • LINE
  • hatena

横浜建設業協会 港南区へ応急資材を寄贈 カラーコーン250本など

社会

 (一社)横浜建設業協会(山谷朋彦会長)が、災害時に利用するカラーコーンや車両通行止め看板の道路応急資材を港南区に寄贈した。1月31日に港南区役所で贈呈式が行われ、同協会の山谷会長と佃尚有港南区会会長が出席し、目録を齊藤貴子区長へ手渡した=写真。

 同協会は2015年から大規模地震発生時の早期対応のため、災害時に指定される緊急輸送路の沿道に防災資材の配備を進めている。今回寄贈されたのはカラーコーン250本、コーンバー50本など。区は環状2号線付近の港南土木事務所の資材置き場に保管するという。

 山谷会長は「災害時には協会、区会、土木事務所の初期対応が大切になってくる。今後もその準備を進めていきたい」と話した。佃区会会長は「港南区は環状2号線と3号線を有する。早急な対応のためにも応急資材は必要と感じていた。災害時だけじゃなく、様々な場面で活用してもらえれば」と話した。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康寿命の延ばし方

港南区ヘルスメイト

健康寿命の延ばし方

ひまわりの郷で3月5日

3月5日~3月5日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク