港南区・栄区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

5年越しの「公式戦初勝利を」 横浜明朋高 硬式野球部

スポーツ

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
横浜明朋高野球部のメンバー(前列左が鈴木君、中央が遠藤主将)
横浜明朋高野球部のメンバー(前列左が鈴木君、中央が遠藤主将)

 「公式戦で1勝」――。その目標を掲げて創部5年目になる。県立横浜明朋高校(港南区港南台)は2014年に旧・港南台高校の校舎を使って開校した定時制高校。この年、野球部の前身となる同好会が5人ほどで立ち上がったという。

 定時制・通信制の学校が参加する大会もあるなか、同校野球部は全日制の多くの学校と同じ舞台に立つことを求めた。部活動になった後の15年に高野連に加盟。現在主将を務める遠藤友也君(3年)は「有名強豪校とも同じカテゴリーで、定時制大会より勝つのは難しくなる。その分、勝った時の喜びは倍以上だと思う」と思いを語る。

 だが、これまでの公式戦はほとんどがコールド負けで、目標には手が届かないでいる。

 監督を務める鵜戸紘一郎教諭(41)は「アルバイトに勤しむ生徒が多いという環境は、定時制高校の部活としての難しさかもしれない」と話す。野球部にはかつて12人ほどが所属したこともあったが、練習に2人しか出てこない時期もあったという。「周囲に誘惑が多い中で部活に集中して取り組むのは難しいこと。勝負事なので勝たせてあげたいけど、厳しすぎれば辞めてしまうケースも少なくない」と鵜戸教諭はジレンマを口にする。

 今年度の部員数は1年生から3年生まで合わせて6人。週末には横浜緑園高校(泉区)と合同練習を重ね、夏の大会には合同チームで臨む予定だ。

 エースの鈴木祐司君(3年)は「ダルビッシュ有選手の動画を見ては、変化球のすごさに憧れる。それが練習のモチベーションにもなる」と語る。主将の遠藤君は「チームの課題は守備力。ミスをなくす基礎練習を徹底すれば、チャンスはあるはず」。その瞳はまっすぐに「1勝」を見つめている。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

「丸山台は『イベントの秋』」

いちょう坂商店街

「丸山台は『イベントの秋』」 経済

本間会長インタビュー

10月10日号

「芹が谷やまゆり園舎」

新名称

「芹が谷やまゆり園舎」 社会

整備中の施設名が決定

10月10日号

食料問題考えよう

食料問題考えよう 社会

12日、栄公会堂で啓発イベント

10月10日号

商店街の再整備など4項目要望

商店街の再整備など4項目要望 経済

商議所南部支部

10月10日号

駅伝大会参加チーム募集

12月21日

駅伝大会参加チーム募集 スポーツ

港南区ひまわり駅伝

10月10日号

チアや吹奏楽で敬老を祝い

チアや吹奏楽で敬老を祝い 社会

本郷中央連合町内会自治会

10月10日号

世代を超え元気な音楽会

世代を超え元気な音楽会 教育

ナマズの孫が主催

10月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク