港南区・栄区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

横浜駅西口 スタバで「認知症カフェ」 行政、地域、企業が連携

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
今春に行われた初開催の様子。事前に席が確保されている。(浅間台地域ケアプラザ提供)
今春に行われた初開催の様子。事前に席が確保されている。(浅間台地域ケアプラザ提供)

交流、情報交換の場に

 若年性認知症患者やその家族のほか、地域の支援者をはじめ「認知症」に関心のある人が自由に参加して交流を深めるイベント「認知症カフェ」が今春、横浜駅西口で始まった。スターバックスコーヒー横浜モアーズ店の協力を得て、同店を会場に毎月第4火曜日の午前10時から正午までの2時間開催。情報交換や居場所として機能することが期待される。

 認知症カフェ(Nカフェ)は厚生労働省が認知症患者の介護者支援策として位置づけているもので、横浜駅西口では神奈川県と浅間台地域ケアプラザ地域包括支援センター(西区)との協力で今年3月から始まった。

 初開催の3月には、認知症患者やその家族、認知症サポーター養成のノウハウを持つ「キャラバン・メイト」のほか、認知症に関心を持つ大学生など20代から80代まで約30人が参加。4月は雨天にもかかわらず20人ほどが集ったという。

 今回の横浜駅西口での開催には、県のNカフェ事業に協力する若年性認知症コーディネーターが昨年11月、浅間台地域ケアプラザに共催を打診したという経緯がある。同ケアプラザも認知症理解の広がりに課題を抱えており、Nカフェの方針に共感して応諾したという。

 一方でスターバックスは町田市の店舗で既に2016年から認知症カフェ開催の実績があったため、県の担当者が協力を依頼して実現に至った。

経験談の共有も

 浅間台地域ケアプラザを拠点とするキャラバン・メイトは近隣に住む地域住民で、元民生委員で独居高齢者と向き合ってきた人などさまざま。認知症の母の介護経験があるメイトの一人は「最初は症状を理解できなくてとても戸惑った。介護する側も目一杯でした」と当時を振り返る。そのような経験もNカフェで語り合えたらとしている。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

コールみずほ定期演奏会

コールみずほ定期演奏会 文化

26日、ひまわりの郷

2月20日号

1400人が疾走

1400人が疾走 スポーツ

港南区健康ランニング大会

2月20日号

港南台地区センまつり

港南台地区センまつり 文化

23、24日開催

2月20日号

電柱探してウォーキング

電柱探してウォーキング スポーツ

本郷小コミハ

2月20日号

栄区の文化発表が目白押し

栄区の文化発表が目白押し 文化

リリスなどで3月15日まで

2月20日号

港南の歴史かるたが完成

港南の歴史かるたが完成 文化

3月14日に発表会

2月20日号

「経済活性化の仕掛けを」

「経済活性化の仕掛けを」 政治

田野井市議が新春の集いで

2月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク