港南区・栄区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

横浜市在住の作家志駕晃さん 『スマホを落としただけなのに』 デビュー3年で続編映画化

文化

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
著書を手に志駕さん。ニッポン放送の元ラジオ番組ディレクターという異色の経歴を持つ
著書を手に志駕さん。ニッポン放送の元ラジオ番組ディレクターという異色の経歴を持つ

 横浜市在住の志駕(しが)晃(あきら)さん著書のミステリー小説『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(宝島社文庫)が映画化され、全国東宝系で2月21日に公開される。

 同作は2018年に北川景子さん主演で映画化された『スマホを落としただけなのに』の第2弾。前作に続き、千葉雄大さんと成田凌さんが出演。些細なことで日常が崩れていくネット社会の恐怖に加え、警察組織を巻き込んだサイバー犯罪が描かれている。

 志駕さんは新進気鋭の作家を発掘する『このミステリーがすごい!』大賞の受賞外作品でベストセラーになる可能性を秘めている”隠し玉”として17年にデビュー。わずか3年で2作品が映画化される今注目の作家だ。

 「本作の舞台が神奈川県警のため、作中でも横浜を中心に県内の各所が出てきます。横浜は映画のロケ地にもなっているので、楽しんでもらえたら」と志駕さん。

 1月9日に発売された第3弾『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』を含むシリーズ3巻セットを3人にプレゼント。〒住所、氏名、年齢、感想を明記の上〒231―0033中区長者町2の5の14タウンニュース「スマホを落としただけなのに」係へ。2月29日必着。

介護施設の紹介はハピネス

入居時の身元保証は一般社団法人 高齢者住宅支援機構へ

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

休校中の子どもにカレー

野庭地区

休校中の子どもにカレー 社会

老舗専門店と社協

4月2日号

閉校しても「思い出を胸に」

閉校しても「思い出を胸に」 教育

野庭中出身・伊澤さん

4月2日号

思い出に残るマラソン大会1位

野庭中OBサッカー元日本代表・坂田さん

思い出に残るマラソン大会1位 社会

4月2日号

湯立神楽で「無病息災」

永谷天満宮

湯立神楽で「無病息災」 文化

4月2日号

まちづくり方針を改定

栄区

まちづくり方針を改定 社会

「空家対策」「森の魅力」追記

4月2日号

県が男性育休ガイドを発行

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク