神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港南区・栄区版 公開:2020年11月5日 エリアトップへ

上郷ネオポリス 交通課題解消へ実証実験 モビリティを住民が運用

社会

公開:2020年11月5日

  • LINE
  • hatena

 栄区野七里の戸建住宅団地「上郷ネオポリス」で10月30日、電動車いす「WHILL」(ウィル)13台を使った実証実験が始まった。住民の高齢化に伴う交通の便への不安解消に向けて、活用の可能性を検証する。

 実証実験は経済産業省の「電動車いす等安全対策・普及推進事業」のひとつ。65歳以上の住民10人にウィルを個人レンタルし、生活の中で自由に使ってもらうことで行動の変化などを調査するという。またあわせてウィル3台をコンビニとコミュニティ施設が複合した「野七里テラス」に置き、住民が自由に利用できる機会も確保した。

移動手段を模索

 実証実験にあわせ、同地区に関して市と「持続可能なまちづくりに関する協定」を結んでいる大和ハウス工業(株)の協力で、7人乗りの電動カートも試験的に運用する。地域内を走行し、乗り降りも自由にすることで新たな移動手段の可能性を模索していくという。

 野七里地区は最寄りの港南台駅からバスで約18分の緑豊かな丘陵地に囲まれた住宅地。開発から40年以上が経って住民の高齢化率は50%を超え、3年前の意識調査では交通や買い物の便に対する関心が多く寄せられた。

 大和ハウス工業の担当者は「バス停まで来れば駅に行けるが、自宅からバス停、コンビニまでを繋ぐ手段として、外出をたすける役割にも期待したい」と話した。

 また上郷ネオポリスまちづくり協議会の吉井信幸座長は「高齢者が増えたから車いすというのではなく、誰でも使えるかっこいい『モビリティ』として利用が広まるといい」と語った。

 ウィルの実証期間は11月20日まで(カートは12月23日まで)。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

全国大会で4人入賞

極真空手上永谷支部

全国大会で4人入賞

小4〜高2 各年代活躍

7月18日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月18日

港南台ジュニア全国へ

小学生バレー

港南台ジュニア全国へ

悲願の優勝目指す

7月11日

シンポジウムで将来探る

上大岡マスタープランの会

シンポジウムで将来探る

市、京急電鉄らで討論

7月11日

島井君(小6)が全国へ

栄区囲碁普及会

島井君(小6)が全国へ

神奈川大会で優勝

7月4日

名前は「トゥンクトゥンク」

国際園芸博マスコット

名前は「トゥンクトゥンク」

開催1000日前に発表

7月4日

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰完全予約制説明会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202207/48877.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook