神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港南区・栄区版 公開:2024年6月13日 エリアトップへ

75歳以上野球関東大会 横浜ファイターズが連覇 拠点は港南台南公園

スポーツ

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
横浜ファイターズG古希の選手=同チーム提供
横浜ファイターズG古希の選手=同チーム提供

 港南区の港南台南公園を拠点に活動する軟式野球チーム「横浜ファイターズ」のグランド古希チーム(75歳以上)が、5月に茨城県水戸市で行われた第20回関東グランド古希軟式野球大会で優勝し、連覇を達成した。

 5月21日から23日の日程で水戸市総合運動公園軟式球場で開催された同大会には1都7県(山梨含む)から24チームが参加。トーナメント方式で優勝を競った。

 昨年の優勝チームとして臨んだ横浜ファイターズは初戦となった2回戦で西邑楽グランドパスゴールドに6対0で勝利。3回戦ではさいたまクラブグランド古希を5対1で破った。さらに準決勝では太田70ゴールドを相手に4対0、継投でのノーヒットノーランを達成。続く決勝でも県央ゴールド倶楽部を3対2で下し優勝となった。これにより連覇を達成。最優秀選手賞には4試合で計262球を投じ、決勝では完投勝利を収めた五十川(いかがわ)文悟さん〈=人物風土記で紹介〉。打撃賞には準決勝、決勝で6打数3安打と活躍した足立修二さんが選ばれた。主将の小澤邦彦さんは「3日間で4試合という過密日程で疲労困憊となる中でも優勝できてよかった。新たなメンバーも募集し、来年は3連覇を目指す」と力強く語った。

チームワークが強み

 「横浜ファイターズ」は59歳から90歳の57人で構成されるチーム。年齢制限のない草野球チームでは高齢になるにつれ出場機会が減ってしまう場面がある。そこで同チームは高齢になってもプレーをしたい人を集める形で2000年に発足。現在は還暦、古希、グランド古希、傘寿と4世代に分かれ活動している。

 今大会で監督を務めた黒岩政巳さんは優勝の要因を「横浜ファイターズならではのチームワークの良さ」と話した。同チームには4部門のチームがあるため今大会のグランド古希チームには還暦や古希世代から共に戦ってきたメンバーが多く出場。そのため、選手同士が互いのことをよく理解しており、それがチームワークの良さとして現れた。また、一般的にグランド古希の大会では1チームでメンバーを構成できるケースは少なく、地域ごとの連合チームを作ることが多いという。だが同チームは十分な人数がいるために単独チームで出場。還暦、古希世代のチームがしっかりと組織化されていることと相まって、他チームとの大きな違いとなった。黒岩さんは「1回の優勝では『まぐれ』と言われかねないが、連覇したことで実力を証明できた」と喜びを口にした。

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰完全予約制説明会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202207/48877.html

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

港南台ジュニア全国へ

小学生バレー

港南台ジュニア全国へ

悲願の優勝目指す

7月11日

シンポジウムで将来探る

上大岡マスタープランの会

シンポジウムで将来探る

市、京急電鉄らで討論

7月11日

島井君(小6)が全国へ

栄区囲碁普及会

島井君(小6)が全国へ

神奈川大会で優勝

7月4日

名前は「トゥンクトゥンク」

国際園芸博マスコット

名前は「トゥンクトゥンク」

開催1000日前に発表

7月4日

上永谷駅前に開所

ケアプラ・コミハ

上永谷駅前に開所

同施設内児相は16日移転

6月27日

夏休みに昼食提供へ

学童キッズクラブ

夏休みに昼食提供へ

保護者の負担軽減に

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook