神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港南区・栄区版 公開:2024年7月11日 エリアトップへ

上大岡マスタープランの会 シンポジウムで将来探る 市、京急電鉄らで討論

社会

公開:2024年7月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
チラシを手に持つ山野井会長
チラシを手に持つ山野井会長

 上大岡周辺地区の将来像を探るために、上大岡マスタープランの会(山野井正郎会長・80)が7月18日(木)、港南区民文化センターひまわりの郷でシンポジウム「地域の核となるまちづくりをめざして」を開催する。

 市営地下鉄と京浜急行が乗り入れる上大岡駅周辺の約18 ha(東京ドーム約4個分の広さ)のエリアは、市南部地域の拠点にふさわしい街づくりを進めるため、1990年代に上大岡マスタープランの会を設立し、再開発事業を進めてきた。

 同エリアはA、B、C北、C南の4地区に分けられ、91年からA地区(オフィスタワー、京急百貨店)、97年からcamio(カミオ)のあるB地区、2005年からmioka(ミオカ)のC南地区の開発を進め、現在に至る。残すはパサージュ上大岡(上大岡中央商店街)やFUJICITIOショッピングセンターを含むC北地区の再開発事業が総仕上げの最後のピースだ。

「何が必要か」

 「A、B、C南が完成し、これからの上大岡に何が必要で、住民が何を望んでいるのか改めて確認したい」と山野井会長はシンポジウム開催の意図を語る。上大岡の将来像を探るシンポジウムは午後1時20分から4時半の予定。参加費無料。

 上大岡周辺を映像で紹介するほか、商店街関係の著書を執筆する前田進さんの基調講演「地域の核となる街づくりをめざして」を実施。また、将来を見据えたパネルディスカッションには横浜市役所、京浜急行電鉄、京急百貨店、上大岡連合町内会、上大岡中央商店街の関係者5人が登壇する。討論会の後は会場からの意見聴取を行う。山野井会長は「多くの人に参加してもらい、上大岡の将来を一緒に考えましょう」と呼び掛ける。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

全国大会で4人入賞

極真空手上永谷支部

全国大会で4人入賞

小4〜高2 各年代活躍

7月18日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月18日

港南台ジュニア全国へ

小学生バレー

港南台ジュニア全国へ

悲願の優勝目指す

7月11日

シンポジウムで将来探る

上大岡マスタープランの会

シンポジウムで将来探る

市、京急電鉄らで討論

7月11日

島井君(小6)が全国へ

栄区囲碁普及会

島井君(小6)が全国へ

神奈川大会で優勝

7月4日

名前は「トゥンクトゥンク」

国際園芸博マスコット

名前は「トゥンクトゥンク」

開催1000日前に発表

7月4日

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰完全予約制説明会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202207/48877.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook