神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2022年6月30日 エリアトップへ

第7回全世界ウエイト制空手道選手権大会の日本代表に選ばれた 冨村 日花さん 西区境之谷在住 18歳

公開:2022年6月30日

  • LINE
  • hatena

好きと楽しいが原動力

 ○…「空手がとにかく楽しくて」。満面の笑みとともに、にじみでる”空手愛”。試合中も、楽しくて無意識のうちに笑みが溢れてしまうこともある。「苦に思ったことは一度もない。逆に練習を休む方が落ち着かない」。コロナ禍でも地道に鍛練を重ね日々前進。昨年の大会成績が評価され、9月にポーランドで行われる世界大会の日本代表に選ばれた。

 ○…2つ上の兄・凱也さんにくっついて3歳から、新極真会・木元道場に通い始めた。物心ついた時から道場に通うことが当たり前。「道場の仲間と切磋琢磨しながら高め合うのが好き」と瞳を輝かせる。西前小学校、西中学校、横浜平沼高校と進学。中学3年生の時に、小学生の頃から優勝を目指して出場し続けた全国大会で初優勝し、高校1年生で2連覇を達成。頭角が出始めた頃、全日本大会でこれまで手の届かない存在だった、強くて憧れの先輩と対戦し接戦に持ち込めたことが、さらなる自信につながった。

 ○…「兄のことは尊敬しているし、兄みたいに強くなりたいと思う」と照れ笑い。「でもできればちょっと上回りたい」と負けず嫌いな一面をのぞかせる。トレーニング中も腕立て伏せを兄より1回でも多くと粘り、組むときは手加減せず「思いっきり」。現在は兄が寮生活のため離れて暮らしているが、試合前後には「楽しんでこい。俺の妹だから大丈夫」と連絡をくれる。「仲良いねってよく言われます」

 ○…名前は、日本の花と書いて「日花(にちか)」。「お日様のもとで元気に花咲き、日本を代表する花になれ」と名付けられた。「ありがたい名前を付けてもらった。日の丸を背負うことになった今、名前に負けないよう、世界の舞台でも結果を残したい」と闘志を燃やした。

中区・西区版の人物風土記最新6

渡邊 桃伯子(ともこ)さん

「ヨコハマSDGs文化祭」の実行委員長を務める

渡邊 桃伯子(ともこ)さん

中区西竹之丸在住 67歳

2月22日

王 遠偉(おう えんい)さん

2月から在日外国人の学習支援などを行う「信愛塾」で事務局次長を務める

王 遠偉(おう えんい)さん

南区在住 27歳

2月15日

安倍 美惠子さん

西区シニアクラブ連合会の女性部会の副部長を務める

安倍 美惠子さん

西区平沼在住 76歳

2月8日

小野田 則子さん

60歳から剣道を始め、山手警察署で子どもたちに稽古をつける

小野田 則子さん

中区本牧町在住 79歳

2月1日

キング 開さん

横浜ビー・コルセアーズの選手として活躍する

キング 開さん

磯子区在住 23歳

1月25日

萩原 幸雄さん

第73代(一社)横浜青年会議所の理事長に就任した

萩原 幸雄さん

中区麦田町在勤 39歳

1月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook