神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2023年9月28日 エリアトップへ

「シルクサミット 2023 in 横浜」の開催に尽力するファッションデザイナー 稲葉 みちよさん 中区元町在住

公開:2023年9月28日

  • LINE
  • hatena

横浜でシルク守り30年

 ○…1993年に中区元町でファッションブランドを立ち上げて30年、日本のシルクを世界に発信し続けてきた。継続の秘訣は「楽しむこと」。ファッションデザイナーとしてアイディアが思い浮かぶのも、この「楽しさ」からだという。「横浜愛とシルク愛がすごいんです」と話す表情からは、エネルギーが満ち溢れる。

 ○…洋裁の仕事をしていた母親の影響で、幼少期から服に興味があった。化繊アレルギーだったこともあり、麻や綿などの天然素材を自然と身に付けるようになったという。中でもシルクは食用にできるほど人間の体に馴染む素材。「アトピーとか肌が弱い子どもたちのためにもシルクの洋服が手軽に手に入る環境になれば」と思いを馳せる。

 ○…専門学校で服飾を学んだあとは、ゲーム好きが高じて大手ゲーム会社の立ち上げに携わった経験も。ゲームのキャラクターの服をデザインし、97年から参加している東京コレクションで発表した。もちろん素材はシルクだ。どんなに活動の幅を広げても「そこはブレない」ときっぱり。息抜きは大好きな赤ワインを嗜むこと。仲間とテーブルを囲むひと時も「気づくと仕事の話題に」と笑った。「あまりストレスを溜めずにいるタイプね」とはにかむ。

 ○…国内の蚕産業再興を目的に「日本シルクを守り育てる会」を2013年に設立し、会長に。10月6・7日のサミットで共同開催される絹の祭典「横濱コクーン・スクウェア」には前身から携わり、副委員長として尽力。「老若男女が携われる養蚕業が復興することで日本の国力を高められたら」と期待を込める。「やれることを生きている限りやっていく」と、愛する横浜で”シルク復権”の道を歩み続ける。

中区・西区・南区版の人物風土記最新6

古賀 敬之さん

修復を終え4月から再開した横浜市開港記念会館の館長に就任した

古賀 敬之さん

中区在勤 65歳

4月18日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

4月11日

奈良 安剛さん

関東学院大学サッカー部の監督を務める

奈良 安剛さん

鎌倉市在住 41歳

4月4日

立川 うぃんさん(本名:久保 尚太)

関内ホールで行われる寄席に出演する落語家

立川 うぃんさん(本名:久保 尚太)

横浜市出身 36歳

3月28日

三善 幸夫さん

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第一次派遣で大隊長を務めた

三善 幸夫さん

横浜市内在住 60歳

3月21日

境 領太さん

3月14日、都内開催の「起業家万博」で関東代表としてビジネスプランを発表する

境 領太さん

中区在勤 39歳

3月14日

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる 三浦市文化

4月27日にコンサート

4月27日~4月27日

中区・西区・南区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook