神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

修復を終え4月から再開した横浜市開港記念会館の館長に就任した 古賀 敬之さん 中区在勤 65歳

公開:2024年4月18日

  • X
  • LINE
  • hatena

人脈生かし魅力を発信

 ○…神奈川新聞社で記者として活躍後、60歳を過ぎて神奈川大学に籍を移した。開港記念会館の指定管理者の構成団体にはどちらも名を連ねる。数多くの人物を取材し社会の矛盾を報じてきた記者としての目線、大学職員として各団体との連携や理事長を支えてきた調整力――。「これまでの経験を生かしていければ」と話す。

 ○…佐賀県生まれ。千葉大学で子どもの頃から好きだった歴史を専攻した。「古い街を大事にする人が増えることが地域の豊かさにつながる」。そんな思いで、関東大震災で失われた姿を復元しようと市民が立ち上がった同館と第二次世界大戦で破壊された街を地元の人々の熱意で再建したポーランドの首都・ワルシャワを重ね合わせる。「支えてくださる市民の思いを背負い、運営していきたい」と言葉に力を込める。

 ○…私生活では記者仲間だった妻との間に一男一女をもうけた。「仕事が忙しく、子の成長をじっくり追いかけられなかったのが悔しい」と父親の顔をのぞかせる。現在は妻と金沢区に住む。記者時代に高齢化で城ヶ島野菜を育てる人が減少していると知り、十数年前から栽培を始めた。休日は「城ヶ島野菜をつなぐ会」として奮闘。無農薬のため雑草も多い。「草刈り機の古賀と呼ばれています」と笑う。現在の楽しみは4月下旬頃のソラマメの収穫だ。

 ○…近年は大正や昭和の流行りを郷愁する「レトロブーム」。「若者も巻き込み、世代や時代を超えた観光振興や地域の交流の場にしていきたい」と意気込む。人の懐に入るのが上手く、「人たらし」と評されることも。そうして培ってきた人脈を大切に、同館の発展を目指す。「それぞれのポテンシャルを生かして価値を継承していきたい」

中区・西区・南区版の人物風土記最新6

早川 幸子さん

5月23日から県民ホールで行われる展覧会に絵画と詩を出展するオルガニスト

早川 幸子さん

中区在住 56歳

5月23日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月16日

宮本 康明さん

4月1日に横浜市南消防団の団長に就任した

宮本 康明さん

南区唐沢在住 66歳

5月9日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月2日

辰己 雅章さん

4月30日から桜木町で生徒作品展「港横濱・辰己組きり絵展」を開くきり絵作家

辰己 雅章さん

南区蒔田町在勤 74歳

4月25日

古賀 敬之さん

修復を終え4月から再開した横浜市開港記念会館の館長に就任した

古賀 敬之さん

中区在勤 65歳

4月18日

あっとほーむデスク

  • 5月2日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区・南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook