宮前区版 掲載号:2011年2月18日号
  • googleplus
  • LINE

ラブみやまえ実行委員長 三澤 利彦さん 神木在住 70歳

人の可能性は無限

 ○…12日におこなわれたラブみやまえの実行委員長を初めて務めた。テーマは「地域を元気にする絆のカタチ」。区民や地域で活動する市民団体のつながりを深めた。「沢山の方が参加してくれて良かった。これも今までの土台があったからこそ」。2年前の初開催では「宮前区を知ろう」、昨年は「緑と歴史で人の輪を」というテーマで開催したが全て共通していたのが「人とのつながり」だった。

 ○…まちづくりに初めて参加したのは9年前。会社を退職後、活動の場を求めて市都市計画マスタープラン作成に参加したことがきっかけだった。「行政と協力した市民目線のまちづくりに魅力を感じた」。今では区まちづくり協議会の副理事を務め、地域で活動する140以上の団体に支援を行っている。「地域活動は事業だけではなく団体そのものが活性化していくことが大切」。後継者不足や活動する場所の不足といった悩み相談なども受けている。

 ○…生まれは葛飾区。しかし1歳になる前に父親が他界、母親の故郷でもある長野に移り住んだ。学生時代はゲルマニウムラジオや無線機作りに没頭。「器械いじりがなにより楽しかった」。工業大学の機械科を卒業後(株)リコーに入社。事務所用電卓やファクシミリなど最新の機器設計に携わり、ユニバーサルデザインの原点でもあるマンマシンコントロール(人と器械を使いやすくする技術)を担当。日々進歩するデジタル機器の未来に目を細めながら「人の可能性だって無限だよ」と笑顔で話した。

 ○…家族は夫人と娘の3人。しかし家族の中心にいるのはパピとレモンの2匹の犬。「家族旅行にも一緒に連れて行く」というように欠かせない存在になっている。趣味は釣り、ゴルフ、ダーツ、ボーリング、マージャン。この5種目を「近代5種競技」と呼び、6年前から仲間と楽しんでいる。「仲間とのつながりを深めること」は人生の目標でもある。
 

宮前区版の人物風土記最新6件

浪口 修さん

宮崎台のさくら祭りプロレスの仕掛け人でフリーのプロレスラー

浪口 修さん

3月16日号

山田 美和さん

第9回みやまえC級グルメコンテストでグランプリに輝いた

山田 美和さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク