宮前区版 掲載号:2011年4月15日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日付で宮前区歯科医師会の会長に就任した 高森 勝久さん 土橋在住 51歳

「一生付き合える歯科医に」

 ○…地域の歯科・口腔医療を支える宮前区歯科医師会の新会長。区内の歯科医50数名を束ねる長として「会員の皆さんの意見をまとめながら、歯科で地域医療に貢献したいですね」と、強いリーダーシップの発揮を誓う。

 ○…歯科医といえば虫歯治療が中心と思いがちだが、「現在は虫歯より歯周病の割合が増えている」と話す。歯周病は口の中の細菌によって、進行すると歯肉や歯槽を破壊する。高齢者に多い誤えん性肺炎を防ぐことにもつながり、歯科医師会としても予防啓発に努めている。また虫歯も「確かに以前に比べて減ってはいるが、欧米に比べると、まだ日本は虫歯が多いんです」と警鐘を鳴らす。「80歳まで20本の歯で」という「8020運動」も「未だ8010程度」。「まずは日々の予防。そしてホームドクターによる定期的な健診が大切ですね」と、区民に呼びかける。

 ○…長崎県対馬出身。歯科医の道は、同じ歯科医だった父の影響で、「良く言えば、『親父の背中を見て』ですけど、ほかになりたい職業もなかったし、歯科医を目指すのは自然な流れでした」と笑う。横須賀市の神奈川歯科大に進学。同市内で勤務医として働き、平成6年に区内宮前平で開業した。勤務医時代から力を注ぐのが障がい者の診療。「障がいを気にして、家族が治療を遠慮したり、診療を断る歯科医もある」という。「障がいのあるなしに関わらず、誰もが食べ物をおいしく食べてほしい。特に女性は治療で表情が一変するんです」と笑顔で語る。「そんな時は心の中で小さくガッツポーズしています」とニコリ。

 ○…趣味は2年前に家族の一員となった愛犬ミニチュア・ダックスとの散歩。「子どもの頃から犬を飼うのが夢でしたから」と笑って話す。忙しい日々を過ごすが「予防が一生なら、自分たちの勉強も一生。地域に頼られる歯科医をめざし、会を盛り上げていきたい」と力強く語った。
 

宮前区版の人物風土記最新6件

浪口 修さん

宮崎台のさくら祭りプロレスの仕掛け人でフリーのプロレスラー

浪口 修さん

3月16日号

山田 美和さん

第9回みやまえC級グルメコンテストでグランプリに輝いた

山田 美和さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク