宮前区版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

タイトル獲得と2年連続得点王を目指す川崎フロンターレのエース 大久保 嘉人さん 横浜市在住 31歳

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena

闘志溢れる点取り屋

 ○ …「しっかり準備をしてこられたので楽しみ。タイトルを絶対に獲得したい」と今シーズンが始まるのを前に気合は十分。昨シーズンは26ゴールを決め自身初となるJ1得点王に輝いた。高い決定力と、どんな時も闘志を前面に出して戦う姿がチームとサポーターに勇気を与えた。「フロンターレに移籍でき、そしてその年に得点王を取ることができ、忘れられないシーズンになった」と振り返る。今季、期待が集まるのは連続得点王。「自分にしか権利のないことだから」と目を輝かせる。

 ○ …福岡県京都郡出身。小学校3年時に地元のクラブでサッカーを本格的に始め、中学に上がる際には地元を離れ、サッカー強豪校の国見中学校に入学した。高校では「尊敬できる名将」として今でも慕う、小嶺忠敏監督の指導を受けて才能を開花し始めると、インターハイ、国体、選手権で優勝し高校三冠を飾った。卒業後はセレッソ大阪に入団。日本代表にも選出されスペインやドイツのリーグでも活躍。世界の厳しさを知る経験豊かな選手だ。

 ○ …川崎に来て2年。「都会で怖いイメージがあったが緑も多くて静か。本当に移籍してよかった」と話す。休日は「子ども達との時間が一番大切」と夫人と3人の子どもと過ごしリフレッシュしている。昨年、幼少時代から応援してくれた父親が亡くなり『日本代表にもう一回なれ』という手紙が託された。「オトンのためにワールドカップに出たい」。思いはひとしおだ。

 ○ …「僕たちが協力することで子ども達に夢を与えることができる」と小学校の算数ドリルに初登場しバナナを頭に被り愛着ある姿を披露。また、サポーターに犬を贈られるという珍事や新年の商店街挨拶回りも体験し、川崎色に染まった1年でもあった。「サポーターはいつも温かく激励してくれ、そして一緒になって戦ってくれる」。感謝の思いを糧に、26日のACL初戦ではゴールを目指す。

宮前区版の人物風土記最新6

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月23日号

松井 夢二さん(本名 昭廣)

宮前区文化協会の会長に就任した

松井 夢二さん(本名 昭廣)

土橋在住 76歳

8月9日号

秋山 勲さん

川崎富士見ライオンズクラブの会長に7月1日付で就任した

秋山 勲さん

東有馬在住 75歳

7月26日号

吉崎 治さん

川崎宮前ロータリークラブの会長に7月1日付で就任した

吉崎 治さん

野川在住 61歳

7月19日号

杉田 進さん

川崎鷺沼ロータリークラブの会長に7月1日付で就任した

杉田 進さん

菅生在住 74歳

7月5日号

矢澤 隼人さん

県の消防救助技術指導会「溺者救助部門」で1位を獲得したメンバーの一人

矢澤 隼人さん

平在住 26歳

6月28日号

高嶋 笑鈴(えりん)さん

聖マリアンナ医科大学の学園祭「聖医祭」の実行委員長を務める

高嶋 笑鈴(えりん)さん

多摩区在住 27歳

6月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

母娘孫 世代超える芸術

母娘孫 世代超える芸術

「三代展」 30日から

8月30日~9月4日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク