宮前区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

マジックで防犯を呼びかける宮前警察署生活安全課巡査部長 笹村 克己さん 横浜市在住 60歳

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena

犯罪を少しでも減らしたい

 ○…「記憶に残る防犯講話をやりたくて」。宮前警察署生活安全課に着任して10年、得意のマジックで地域住民に防犯を訴えてきた。マジックを使うことには意味がある。増加する振り込め詐欺被害。「例え顔が見えていてもタネ1つで人は簡単に騙せてしまう。顔の見えない犯人ならなおさら」と訴える。講話では見事な手品で参加者の目を引き、詐欺の手口や注意点を伝える。「話術も重要だよね」。ユーモア溢れる口調も名物だ。

 ○…手品との出会いは大学時代。同級生に誘われて訪れた大学の代表者が集う関東奇術連盟の発表会だった。人を驚かせ、喜ばせる技術に魅了され、その日の内に大学のクラブに入った。「それから4年間はマジック漬け」と苦笑い。プロにならなかったのは身の丈を考えて。ただし、これまで身に着けたタネは楽しい驚きを届け続けている。「見に来てくれた人の笑顔がたまらない」と目を輝かせる。

 ○…大学卒業後、警察官に。少年時代、悪さをした自分と真摯に向き合い、正しさを教えてくれた警察官が心に残っていたからだ。以来37年、刑事課、地域課、現在の生活安全課と渡り歩いてきたが、一貫して大切にしてきたのが「相手に丁寧に耳を傾けること」。「それを求めている人がたくさんいるから」。少年時代の自分を思い浮かべたのか、優しくほほ笑む。

 ○…来年4月に定年を迎える。それまでは「少しでも犯罪が減るように」と防犯講話を続けていく。犯罪者を捕まえることとは違い、被害を防ぐことは形としては表れない。しかし、「平穏であるということは被害にあって悲しむ人がいないということ。それがやりがい」と語る。鮮やかなトリックで人を驚かせるマジックだが、その一瞬を作るのは地道な練習の積み重ねがあるから。防犯も同じ。「万が一に備えて地道に訴える」。そう語る口調にはタネも仕掛けもない真っ直ぐさが宿っていた。

宮前区版の人物風土記最新6

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に6月に就任した

堀田 彰恵さん

中原区在勤 60歳

7月30日号

松井 博子さん

区民に歌の魅力を伝える講座「宮前うたごえ楽座」で講師を務める

松井 博子さん

宮崎在住

7月23日号

斉藤 宜子さん

ひつじの会の代表で、インクルーシブ(包括的な)教育の勉強会を開く

斉藤 宜子さん

宮崎在勤

7月16日号

中里 文雄さん

「ちょこっとおしゃべりベンチ」を発案・主催した

中里 文雄さん

野川本町在住 63歳

7月9日号

蜂須賀 ゆずさん

ご当地アイドルグループの新メンバーとして今月デビューした

蜂須賀 ゆずさん

川崎純情小町☆宮前区新担当

6月25日号

中島 竜郎さん

稗原小父の会パワーズの代表として活動する

中島 竜郎さん

菅生在住 44歳

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平和な未来のために

平和な未来のために

市民館で原爆展 6日から

8月6日~8月11日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter