宮前区版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス12月号 連載寄稿 アベノミクスで経済の好循環へ! 〜川崎市内経済と雇用の動向〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena

 安倍政権発足以降の2年間、自民党は重点政策として日本経済の再生に向けた緊急経済対策を行ってきました。

 この国の緊急経済対策に伴う本市の対応事業費としては、平成24年度3月補正予算として約29億円、平成25年度3月補正予算として約91億6000万円余を計上し、合計約120億円の事業費をもって、市内経済の再生に向けた積極的な財政政策を行ってきました。

 国の緊急経済対策に関係した川崎市内における施策は、多岐に及んでいます。平成24年度には、通学路の安全対策や防災機能の強化、社会福祉施策では消費税引き上げ時に緩和措置として住民税の非課税者と児童手当の受給者に臨時給付金を支給しました。

 雇用対策では、新卒未就職者の就業支援や生活保護者等の就労促進を行い、平成25年度から合計508人の新規雇用を創出。加えて、本市の独自施策として、中小企業の経営安定化に向けた融資を行い、経営安定資金や振興資金として11制度30資金を設け、3091件、約411億円の実績をあげています。

 その結果、市内有効求人倍率は、平成24年9月の0・56から平成26年9月で0・72へ改善。市内倒産件数は平成22年度の130件が、平成25年度には、87件に改善しています。

 ここで重要な事は、経済政策を継続して行うことです。数値は改善傾向にあっても、市民感覚として「実感」できていないとの声もあります。自民党は経済の好循環を止めることなく、財政再建にも配慮した、景気回復策を加速させていきます。
 

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹531-2

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県政報告

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県議会議員(自民党)持田文男

4月2日号

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

議会質問が前進 市政報告

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月26日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

震災伝承 命最優先を

東日本大震災の発生から10年 市政報告

震災伝承 命最優先を

公明党川崎市議会議員団 山田はるひこ

3月26日号

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

市政報告Vol.34

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

川崎市議会議員 矢沢たかお

3月19日号

「リニア新幹線工事」は中止を

市政報告

「リニア新幹線工事」は中止を

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク