宮前区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

昨年11月からフロンタウンさぎぬまの支配人を務める 川崎 浩司さん 藤沢市在住 46歳

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena

より地域に密着した施設に

 ○…川崎フロンターレが運営するフットサル施設「フロンタウンさぎぬま」の支配人に昨年11月に就任した。スポーツ用品店に約20年勤めてフロンタウンに転職したという一風変わった経歴を持つが、そのときに培った経験も活かしていきたいとし、就任に際しては「プレッシャーは感じていません。これまで以上に地域貢献を進めていきたいと考えています」と話す。

 ○…出身は横浜市で、子どもの頃からのサッカー好き。小学5年生から中学・高校と部活等でサッカーに明け暮れた。当時はまだプロ化されておらず、就職は少しでもサッカーに携わりたいと、関東一円で店舗展開しているスポーツ用品店に。そこでサッカーやトレーニングのシューズのバイヤーを担当し、築いた人脈からフロンタウンへの転職話があり、「プロチームに携われる」と応じた。改めて「サッカーの魅力は?」と尋ねると、長い沈黙の後、「燃え上がる瞬間がある」と照れ臭そうに笑った。

 ○…自分の性格を分析すると「ひとつのことに集中すると周りが見えない」「気が強い」と話し、サッカーのプレー中も「『オレにボール寄こせ!』ばかりでしたね」と苦笑。現在は小2の娘をもつ父親。夫人と3人で暮らす。「サッカーに興味を持ち、大久保嘉人選手の大ファン」という娘とは、公園でボール蹴りをしたり、等々力競技場にJリーグ観戦に出かけるといい、表情が一気に崩れる。

 ○…フロンタウンは、今月人工芝の全面張り替えを行った。「FCバルセロナの練習グランドと同じ人工芝なんですよ」とちょっと得意げ。同施設では、フットサルだけでなく、ヨガやエクササイズ、グランドゴルフほか様々なプログラムができる。「例えば、スポーツから離れて防災訓練やイベントの会場としてなど、様々な形で地域の方々に活用してもらいたい。気軽にそういう相談をしてもらえる施設を目指したい」と、最後に熱く意欲を語った。

宮前区版の人物風土記最新6

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮崎在住 69歳

10月30日号

石倉 周さん

中学生野球クラブチーム「川崎宮前ドリームス」を立ち上げ監督を務める

石倉 周さん

鷺沼在住 28歳

10月23日号

金屋 隼斗さん

マニフェスト大賞(関東選抜)に選ばれたNPO法人理事長の

金屋 隼斗さん

東野川在住 44歳

10月16日号

北野 隆生さん

宮前区スポーツ推進委員会委員長を務めるなど、地域活動を続ける

北野 隆生さん

宮前平在住 71歳

10月9日号

小池 汪(おう)さん

写真展『戦争暮らし』を主催する

小池 汪(おう)さん

宮崎在住 87歳

10月2日号

永嶋 信央さん

宮前区老人クラブ連合会の会長として活動する

永嶋 信央さん

馬絹在住 83歳

9月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク