宮前区版 掲載号:2016年9月30日号 エリアトップへ

川崎市川崎市 熊本地震の廃棄物処理へ 自治体で初の受け入れ

社会

掲載号:2016年9月30日号

  • LINE
  • hatena
今回使用される鉄道輸送用コンテナ
今回使用される鉄道輸送用コンテナ

JR貨物と連携し運搬

 川崎市は15日、熊本市と「熊本地震に伴う災害廃棄物の処理に関する協定書」を締結し、震災で生じた廃棄物の処理受け入れを行うと発表した。運搬については、日本貨物鉄道株式会社(以下、JR貨物)と連携して実施。熊本県以外の自治体が、熊本市の災害廃棄物処理を行うのは初めてとなる。

 今年4月に起きた熊本地震で、熊本市内では約81万トンの災害廃棄物が発生している―。

 川崎市では過去にもJR貨物と連携した災害廃棄物の処理を、阪神淡路大震災の時(1995年度〜1996年度)に1万8620トン、新潟県中越沖地震の時(2007年度)に28トン行った実績があることから、環境省から早期の処分が必要と、広域処理の依頼を受け、協力に踏み切ったかたちだ。

 市環境局の担当者は「環境省から依頼をいただき、前向きに検討した結果、過去の経験をいかしながら、被災地の方々を支援していこうということになった」と話す。

 川崎市が今回受け入れるのは家屋の解体木くず(日量約20トン)で、処理費用は無償で行う。実施は16日から開始されており、2018年6月30日まで。処理までの流れは、熊本市がコンテナへの木くずの積み込み、JR貨物が熊本市から川崎市への輸送、川崎市が市浮島処理センターで焼却処理を行う。川崎市は「熊本市の早期の震災復興をめざし、支援していく」としている。

宮前区版のトップニュース最新6

洋式化、22年度完了へ

市立学校全トイレ

洋式化、22年度完了へ 教育

市、宮前平小など着工

6月21日号

幻の宮前メロン、増産へ

幻の宮前メロン、増産へ 文化

27日から一般向けに販売

6月21日号

川崎市、庁内横断で検討へ

鷺沼駅前再開発

川崎市、庁内横断で検討へ 社会

3部会など新体制に

6月14日号

市民活動見学で情報共有

宮前区の新まちづくり

市民活動見学で情報共有 文化

支援機能など検討へ

6月14日号

制定19年、認知低く

市子どもの権利条例

制定19年、認知低く 社会

委員会 支援充実へ提言

6月7日号

地域デビューを後押し

宮前市民館

地域デビューを後押し 社会

住民が市民活動を案内

6月7日号

市民創発で交流進む

まちかどマルシェ

市民創発で交流進む 文化

新企画は「本」と「地域連携」

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動脈硬化を学ぼう

動脈硬化を学ぼう

嘱託内科医が講師

7月12日~7月12日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク