宮前区版 掲載号:2016年9月30日号 エリアトップへ

川崎市川崎市 熊本地震の廃棄物処理へ 自治体で初の受け入れ

社会

掲載号:2016年9月30日号

  • LINE
  • hatena
今回使用される鉄道輸送用コンテナ
今回使用される鉄道輸送用コンテナ

JR貨物と連携し運搬

 川崎市は15日、熊本市と「熊本地震に伴う災害廃棄物の処理に関する協定書」を締結し、震災で生じた廃棄物の処理受け入れを行うと発表した。運搬については、日本貨物鉄道株式会社(以下、JR貨物)と連携して実施。熊本県以外の自治体が、熊本市の災害廃棄物処理を行うのは初めてとなる。

 今年4月に起きた熊本地震で、熊本市内では約81万トンの災害廃棄物が発生している―。

 川崎市では過去にもJR貨物と連携した災害廃棄物の処理を、阪神淡路大震災の時(1995年度〜1996年度)に1万8620トン、新潟県中越沖地震の時(2007年度)に28トン行った実績があることから、環境省から早期の処分が必要と、広域処理の依頼を受け、協力に踏み切ったかたちだ。

 市環境局の担当者は「環境省から依頼をいただき、前向きに検討した結果、過去の経験をいかしながら、被災地の方々を支援していこうということになった」と話す。

 川崎市が今回受け入れるのは家屋の解体木くず(日量約20トン)で、処理費用は無償で行う。実施は16日から開始されており、2018年6月30日まで。処理までの流れは、熊本市がコンテナへの木くずの積み込み、JR貨物が熊本市から川崎市への輸送、川崎市が市浮島処理センターで焼却処理を行う。川崎市は「熊本市の早期の震災復興をめざし、支援していく」としている。

宮前区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

計画策定「見える化」へ

新 市民館・図書館

計画策定「見える化」へ 文化

区民意見を反映

10月11日号

来秋から4年間利用休止

西長沢公園

来秋から4年間利用休止 スポーツ

スポーツ会場不在の危機

10月11日号

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇)

犬蔵在住木戸修さん

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇) スポーツ

県ボウリング代表の名将

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

10月4日号

値上げ難航、経営影響も

市バス運賃

値上げ難航、経営影響も 社会

市、資金不足19億円の試算

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク