宮前区版 掲載号:2017年3月3日号 エリアトップへ

なでしこジャパンのメンバーとして開催中のアルガルべカップに臨んでいる 田中 美南さん 宮前区出身 22歳

掲載号:2017年3月3日号

  • LINE
  • hatena

世界を目指すゴールハンター

 ○…サッカー女子日本代表にフォワードとして選出され、現在ポルトガルで開催されている(8日まで)アルガルべカップ2017で戦っている。選出には素直に「びっくりして、うれしかった」というが、世界の強豪国との対戦に、「なかなかない機会なので、試合に出て、体の強さやターン、裏への飛び出しなど自分の武器を試したい」と、ゴールハンターらしく貪欲な言葉が口をつく。

 〇…サッカーを始めたきっかけは宮前区に住んでいた小学校時代、3歳上の兄が地元の川崎ウィングスFCに所属し、練習についていっているうちにいつの間にか入っていたとか。中学生でなでしこリーグの日テレ・ベレーザの下部組織のメニーナに入団。すでに17歳以下と20歳以下の女子ワールドカップに出場している。チームでも2012年にベレーザに昇格。昨シーズンはリーグ戦18得点で初の得点女王に輝いた。メニーナ入団とともにそれまでのボランチからフォワードに抜擢され、点を獲る難しさに苦闘。だが、辛い練習をともに過ごす仲間たちとともに掴む勝利の喜びがサッカーから離れさせない。

 〇…サッカー以外では、友達とふざけたり、遊んだり「バカなことをやることが多い」と笑いながらも、よい息抜きになっているという。「昔からやりたいことをはっきりと通す性格で、失敗も気にせず、寝れば忘れる」と、天性のフォワード向きか。今春大学を卒業し4月からは地元のスポーツクラブに勤務しながらの選手生活となる。「社会に出て働くことも人生経験になると思うので楽しみ」とどこまでも前向きだ。

 〇…今シーズンは、代表に選ばれ続けること、チームでは昨年を上回る20得点以上で勝利に貢献することを目標に掲げる。「チームで頑張り続けることが、東京オリンピックに代表として出場することに繋がっていくと思う」。その眼はゴールマウスだけでなく、冷静に未来も見据える。

宮前区版の人物風土記最新6

楠 佳英(かえ)さん

医療従事者を支援する「マスクドネーション」で支援の輪を広げた

楠 佳英(かえ)さん

宮前平在住 44歳

6月5日号

川崎 雅代さん

乳幼児も使える天然素材のアルコールハンドジェルを開発した

川崎 雅代さん

馬絹在住 56歳

5月29日号

小野 優子さん

9代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

小野 優子さん

宮前平在住 40歳

4月10日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

シンガーソングライターで鷺沼でリトミック教室を主宰する

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

土橋在住 47歳

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 6月2日11:45更新

  • 6月1日9:48更新

  • 5月26日18:48更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク