宮前区版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

宮前消防団の第8代団長に4月1日付で就任した 杉田 正文さん 菅生在住 68歳

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena

優しさでじっくり育む

 ○…24歳で消防団に入団。44年目を迎える今年、3分団6班、127人のまとめ役に立った。「仕事が終わって家に帰ったらいつのまにか消防団の制服が置いてあった」というが、地元のためになるならと入団を決意。祖父の代から地域防災に携わり、父、子と3代にわたり受け継がれてきた。6年間、副団長として消防団を支えてきたが、「これからは最終判断を下す立場。団員が活動しやすいようにどっしり構えていたい」

 〇…長年の活動で様々な現場を目にしてきたが、2011年の菅生倉庫火災が印象深いという。倉庫内に石油系スプレー缶があり、消火活動が難航。鎮火まで60時間以上かかった。「宮前区ではそれ以降、大規模火災は少ない。消防団の仕事がないことは良いこと。防火、防災に力を入れていく」と地域防災の要として気を引き締める。

 〇…菅生で生まれ育った。菅生神社や長安寺の総代も担っている。正月は神社に行って寺に行ってと、せわしないと笑うが「地域で長年育まれてきた大切な文化。しっかり残していきたい」と話す。クラシックカーが趣味で、2泊3日で公道を走る「ジャパン・ヒストリック・カーツアー」には毎年出場。時間を見つけては全国各地に走りに行く。67年式のホンダ車など年代ものを丁寧に整備する。「古い車でも手をかければそれだけ応えてくれる。それは人も物も同じ」と語る口調は愛情深さが滲み出る。

 〇…団員不足が課題だが今年、20代の学生が2人入団した。「長く続けてもらうことが大切。若い人の声もしっかり聴いていかなきゃね」と優しくほほ笑む。各分団長に声をかけて呑みに行くことも多い。コミュニケーションを大切に、温かいまなざしで団員を見守り、支えていく。

宮前区版の人物風土記最新6

山地 恒太さん

宮前区在住デュオ、MyKeysのベースを担当する

山地 恒太さん

土橋在住 35歳

11月15日号

マエダ ケンタロウさん

宮前区在住デュオ、MyKeysのボーカル・ギターを担当する

マエダ ケンタロウさん

東有馬在住 34歳

11月8日号

松尾 七慧(ななえ)さん

令和2年度川崎市成人式のポスターデザインで最優秀賞となり、採用が決定した

松尾 七慧(ななえ)さん

西野川在住 17歳

11月1日号

デアラウジョ 利佳子さん

障がいのある子どもと家族をサポートする親の会Shine☆の代表を務める

デアラウジョ 利佳子さん

菅生在住 52歳

10月25日号

針山 直幸さん

すがお手つなぎまつり実行委員会の委員長を務める

針山 直幸さん

菅生・蔵敷こども文化センター館長 70歳

10月18日号

影山 亥史郎(いしろう)さん

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める

影山 亥史郎(いしろう)さん

有馬在住 72歳

10月4日号

石塚 三郎さん

50周年式典を開催した県営有馬団地自治会の会長を務める

石塚 三郎さん

東有馬在住 78歳

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク