宮前区版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

地域寄席を主催する「のくち落楽会」の代表を務める 小櫃(こびつ) 知克さん 野川在住 60歳

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

日本一の地域寄席めざし

 ○…社会人落語家らが出演する「のくち寄席」を溝口で開催。自らも講談師として出演しながら、出演者交渉、開場手配、三味線の出囃子まで担当する。開催5年、20回目の節目を迎えた先月は、山形に住む初代代表を特別ゲストに迎え、大好評を博した。10数人の観客から始まった寄席は、今では多い時で80人にも上る。「地域の方に喜んでもらいたいという初心を忘れず、日本一楽しい地域寄席を目指したい」

 ○…講談を習い始めたのは48歳の時。趣味で寄席を見ていると、出演する側への憧れが募った。「1人で何役もできるところが面白い。講談は話に力があるので伝われば喜んでもらえる」。もちろん手応えばかりではない。福祉施設で披露した時は、難聴などで上手く伝わらないことも。「そんな時は三味線を弾いたり、歌ったり。音を入れると喜ばれる。とにかく楽しんでもらえればいい」

 ○…東京都品川区出身。半ドンの土曜日は、鉄道関係の仕事をする父親と東京駅で待ち合わせ、寄席、歌舞伎、映画、サーカスなどを見に行った。「この頃から舞台を見るのが好きだった」という。早稲田大学を卒業後、メーカーに就職。現在はマーケティング会社で調査、分析などの仕事をする。調査項目を作る過程では「全体の構成、結末のもっていき方を考えるのは、講談のストーリー作りに通じて面白い」とか。

 ○…現在、年間40回以上高座に上がる。講談の脚本も書き始め、4年前に国立演芸場大衆芸能脚本募集で優秀賞を受賞。週末は、寄席に出る、見る、書くという多忙な日々に「自由にやらせてくれる妻に感謝です」と笑う。最近はほかの地域寄席を主宰する団体と交流し「寄席サミットなんてできたらいいね」と目論みも。楽しませ、自分も楽しむことが充実の秘訣だ。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

小柴 英一さん

川崎市食品衛生協会の会長に、6月20日付けで就任した

小柴 英一さん

幸区在住 82歳

7月1日号

松本 正さん

長崎被爆体験の語り部として活動する

松本 正さん

鷺沼在住 91歳

7月1日号

森山 博之さん

向丘地区青少年指導員会会長を務める

森山 博之さん

南平台在住 64歳

6月24日号

野口 豪さん

福祉作業所「はたけベーカリー」をオープンさせた

野口 豪さん

有馬在勤 35歳

6月17日号

鮫島 隆さん

宮前交通安全協会の会長に5月27日付けで就任した

鮫島 隆さん

土橋在住 62歳

6月10日号

清水 佐江子さん

東高根森林公園の統括責任者に就任した

清水 佐江子さん

神木本町在勤 54歳

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook