宮前区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

宮前区の新まちづくり 市民活動見学で情報共有 支援機能など検討へ

文化

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

 宮前区は地域の新しい活動や価値を生み出す「(仮称)ソーシャルデザインセンター」の創出に向け、市民が求める機能の洗い出しを進めている。3月に開催されたキックオフイベントに続く今年度の取組が7月から始動する。区は6月17日からメンバーの募集を開始する。

 新しいまちづくりの仕組みづくりを進める事業「(仮称)宮前区の『希望のシナリオ』実現プロジェクト」は、川崎市が3月に策定した「これからのコミュニティ施策の基本的考え方」に基づく取組。市民主体で各区の特徴に合わせたまちづくりを進めていく。

 宮前区はコミュニティカフェが50カ所を超え、市民団体によるマルシェ等のイベント開催など、市民活動が盛んだ。区内にある活動を横断的に繋げ、新たな取組の創出や活性化、活動の円滑化を図るため、「(仮称)ソーシャルデザインセンター」の開設を目指す。

 今年度は同センターに求める機能について議論を進めていく。「情報の一元化」や「資金・活動支援」などが想定されるというが、機能や仕組みについて、実際に活動する市民らが自ら検討する。

 3月に開催されたキックオフイベントでは、区内にある活動の相関図を作成し、内容や関係性などを視覚化。今年度は相関図を参考に、活動の現場を訪れて主催者らの話を聞く「見学ツアー」を実施する。区役所企画課の担当者は「実際に見聞きすることが『気づき』に繋がる。相互理解を深め、良さや課題などが見えてくれば」と話す。

 その後、見学ツアーで集めた情報等をもとに「広報チラシの設置方法」や「応用できるノウハウの共有」といった新たな仕組みを検討。今年度中にはできる取組からスタートさせていくという。

 区は今年度の取組を進める「みやまえ取り組み隊」のキックオフミーティングの参加者を募集。メンバーは固定ではなく出入り自由。7月15日(月・祝)午後1時30分から4時。見学ツアーの具体的な訪問場所などを検討する予定。区役所1階。25人。6月17日(月)午前10時から電話(【電話】044・856・3133)または区HPから申込を。

宮前区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

計画策定「見える化」へ

新 市民館・図書館

計画策定「見える化」へ 文化

区民意見を反映

10月11日号

来秋から4年間利用休止

西長沢公園

来秋から4年間利用休止 スポーツ

スポーツ会場不在の危機

10月11日号

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇)

犬蔵在住木戸修さん

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇) スポーツ

県ボウリング代表の名将

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

10月4日号

値上げ難航、経営影響も

市バス運賃

値上げ難航、経営影響も 社会

市、資金不足19億円の試算

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク