宮前区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

川崎宮前ロータリークラブの会長に7月1日付で就任した 吉崎 治さん 野川在住 61歳

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

逆境乗り越え、力に

 ○…2回目の会長職に、「慣れることはない。大変だが良い経験をさせてもらえる」と話す。初心にかえって取り組むと決め、掲げた今年度のテーマは「見つめ直そうロータリークラブを」。18人のメンバーの多様性と柔軟性を活かし、人脈をフルに使って全員で奉仕活動に向き合っていく。

 ○…川崎宮前ロータリークラブの特長を「フットワークの良さ」と語る。東日本大震災が起きた2011年には30周年記念のために積み立てていた予算180万円を義援金として、いち早く被災地に送った。「個々の力が集まって大きな力となる。個人ではできない支援ができるのがロータリー」と話す。来年、入会30年を迎える。地元の大先輩たちが集う会合で様々な生き方や考え方を学んできた。「田舎から出てきた若造を大人にしてくれた」。クラブへの感謝が尽きない。

 ○…青森県で生まれ育った。中学、高校と陸上競技に打ち込み、棒高跳びで県No.1になったことも。国体やインターハイの出場経験もある。日体大への推薦が決まっていたが、「当日行ってみたら試験日を間違えていて…」と笑う。大学は諦め、地元の旅行会社で添乗員となった。22歳で地元を離れ知人の親方が営む犬蔵の建設会社に入社。30歳で現在代表を務める(有)吉崎工業を立ち上げた。バブル崩壊で厳しい時期もあったというが「今の自分があるのも通ってきた道があったからこそ」と明るい笑顔を見せた。

 ○…妻は中学時代の同級生。2人とも県人会や津軽民舞踊の会に所属している。忙しい日々だが、「クラブの活動を続けてこられたのも妻のおかげ」と表情を和らげる。クラブは高齢化が深刻。会員増に力を入れ、活性化を目指す。自身が感じてきたロータリーの魅力を地道に伝えていく。

宮前区版の人物風土記最新6

影山 亥史郎(いしろう)さん

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める

影山 亥史郎(いしろう)さん

有馬在住 72歳

10月4日号

石塚 三郎さん

50周年式典を開催した県営有馬団地自治会の会長を務める

石塚 三郎さん

東有馬在住 78歳

9月20日号

松下 幸子さん

絵本の読み聞かせボランティアを13年続ける

松下 幸子さん

宮崎在住 83歳

9月13日号

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月30日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月23日号

松井 夢二さん(本名 昭廣)

宮前区文化協会の会長に就任した

松井 夢二さん(本名 昭廣)

土橋在住 76歳

8月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク