宮前区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した 岡野 敏明さん 多摩区在住 60歳

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

「患者を診る、それだけ」

 ○…新型コロナウイルスの集団感染が起きた大型船で先月、日本医師会の医療チーム(JMAT)に川崎市医師会として従事。医師11人が参加し、半日交代で4日間にわたり乗員らを問診した。「日頃の診療と同じ。目の前に苦しんでいる人がいたら診てあげたい」。感染防衛という難敵と向き合いながら、原点の姿勢は変わらない。

 ○…幼少に亡くした祖父の診療所がある登戸で生まれ育った。姉2人と妹1人、両親と祖母で暮らし、地元・カリタス学園の幼稚園から4期生として小学校へ。母校では現在、校医を務める。愛知医科大学医学部を卒業後は、宮前区の聖マリアンナ医大病院に入局した。研修医だった当時、クロイツフェルト・ヤコブ病という神経難病の男性患者を担当。妻が付き添う前で医師は手袋をつけて診察するという特別対応で、亡くなったときも病理解剖しない判断が下された。「今思えば、ご家族に申し訳なかった」と思いをはせる。

 ○…2002年、岡野内科医院を父親から継ぎ3代目院長に。多摩区の休日夜間急患診療所が近所のため、当番医不在になると駆けつけた。会員1300人以上が所属する市医師会では、副会長を経て昨年6月、会長に就任。現在は新型コロナの脅威と対峙する一方、感染症ではない疾患を見落しかねない現状を危惧する。最近診察した発熱とせきに苦しむ男性は、肝臓に膿みを発見。すぐに入院させた。「疑わしい症状は何でも自宅待機、というのは患者を危険にさらしかねない」

 ○…感染症対策だけでなく、災害時の急患診療所の運用など市医師会として課題は山積だ。担当医のリスク管理を考慮しつつ、「行ける医師が診てあげればいい。地元の患者の不安を解消したい」。そう一途に思う。

宮前区版の人物風土記最新6

大山 庸介さん

【web限定記事】生産性向上・働き方改革の優れた取り組みを表彰された

大山 庸介さん

馬絹在勤 43歳

2月19日号

森 大輔さん

かわさき☆えるぼしに認定された「福吉塗装」で代表を務める

森 大輔さん

土橋在住 52歳

2月12日号

西方 忠男さん

第15回宮前区フォトコンテストで審査委員長特別賞を受賞した

西方 忠男さん

宮崎在住 76歳

2月5日号

小沼 レオンさん

ゴミ拾い団体ワンワールド・デザイン代表として活動を続ける

小沼 レオンさん

小台在住 21歳

1月29日号

田村 延子さん

食生活推進員として、食のボランティア活動を行う

田村 延子さん

けやき平在住 77歳

1月22日号

田中 信司さん

職人技を駆使し、受験生や闘病者向けにカツ丼キーホルダーを製作している

田中 信司さん

水沢在住 46歳

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク