宮前区版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

コロナ余波 外出自粛で献血減少懸念 センターが協力呼びかけ

社会

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena
感染防止対策を講じ、問診する医師=5月15日みぞのくち献血ルーム
感染防止対策を講じ、問診する医師=5月15日みぞのくち献血ルーム

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための外出自粛の影響で、神奈川県下の平日の献血への協力者数が必要数を下回る状況が続いている。港北区にある神奈川県赤十字血液センター(藤崎清道所長)では、「献血は不要不急の外出にはあたらないので、ぜひご協力を」と呼びかけている。

必要数下回る日々

 同センターによると、3月下旬以降の平日は、一日あたりの献血必要人数900人を下回る日が続いている。土曜・日曜・祝日はこの水準を超えるが、平日の不足分を補うには至っていない。

 月別でみると1月には必要人数2万6639人に対し採血数が若干上回ったが、2月には300人以上の不足(必要人数2万5464人)。3月に入り競泳の池江璃花子さんがSNSで献血を呼びかけると、同月は必要人数を3000人近く上回った(同2万6300人)ものの、政府によって緊急事態宣言が発令された4月には一転して約2300人不足(同2万6899人)した。

 赤血球の有効期間は21日間のため、継続的な献血への協力が欠かせない。不急手術の先延ばし等もあり必要量が減少したことから、需給バランスを何とか保っているが、医療機関から「(延期した)手術を実施したい」旨の声が届いているという。

バス稼働計画見直し

 献血に協力する方法は、主に2通り。県内8カ所の献血ルームで行うか、センターが企業や大学等に配車する献血バスで実施する。

 このうち、全12台ある献血バスの稼働状況にも影響が表れている。4月、5月はそれぞれ186会場、178会場で計画していたが、4割以上が中止。延べ40カ所で予定していた大学での献血活動は全てなくなった。

 代替えとして横浜駅、センター南・北駅、平塚駅前や大型ショッピングモール等に配車し通行人に協力を呼びかけているが、外出自粛の中、通行人自体が少ないため、依然、厳しい状況は続く。

「命を守るため」

 そのような状況でも協力者を増やす必要のある同センターでは、献血会場で【1】体温測定および、手指消毒の実施【2】入場者へのマスク着用の依頼【3】職員の献血者対応時の手指消毒の実施【4】日々の清掃および機材の消毒の実施-など、衛生管理を強化。献血ルームでは、3密を避けるため事前予約を呼びかけるなど、感染予防対策を講じている。また、県内登録者数20万人の献血クラブ会員に向け、計画的に献血の依頼も実施している。

 5月15日、中原区に住む36歳と18歳の母娘が、予約の上みぞのくち献血ルーム(川崎市高津区)を訪れた。母親は今回で91回目の献血。母に連れられてくるようになった娘は「貢献できるなら」と、思いを口にする。

宮前区版のトップニュース最新6

4カ月振りに始動

北高野球部

4カ月振りに始動 スポーツ

代替大会ベスト8めざす

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

収蔵品の搬出が完了

市民ミュージアム

収蔵品の搬出が完了 社会

3カ月遅れも開館は未定

7月3日号

「情熱は消させない」

みやまえ太鼓ミーティング

「情熱は消させない」 文化

実行委 中止受け結束強化

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

詐欺防止へ機器貸し出し

川崎市

詐欺防止へ機器貸し出し 社会

需要増への対策がカギ

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク