宮前区版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

平瀬川 地域への思い冊子に 協議会が特別号作成

文化

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena

 平瀬川流域まちづくり協議会(杉田進会長)が発行する会報の特別号=写真=がこのほど完成し、地域に配布されている。同川流域で活動する人々から寄せられた「地域への思い」が掲載されている。

 例年7月の第1日曜に行われる「平瀬川七夕サミット」に合わせて発行する会報。今年度は同サミットだけでなく、主催するイベントがコロナ禍で中止を余儀なくされたことから、特別号の発行を企画した。

 通常の会報はA3二つ折り4ページの所、特別号は19ページに増量。平瀬川流域で活動する、流域の学校関係者や高橋哲也区長、農園・造園、環境団体など14の個人や団体から原稿が寄せられている。

 活動や歴史の紹介、自然や地域への思いがつづられているほか、ヨネッティ〜北部市場〜稗原小学校〜菅生神社〜蔵敷〜飛森(とんもり)谷戸をつなぐ流域の自然を活かした散歩道『緑の回廊』構想の紹介もされている。

 特別号は1500部発行。流域の学校教職員や各自治会会員に配布されたほか、宮前区役所や向丘出張所、菅生分館に配架されている。

清掃から25年

 同会は平瀬川が綺麗で地域で自慢できる川となるよう、川の清掃から活動が始まり25年になる。清掃だけでなく、川岸へのコスモスや桜の植樹、アユの放流を続け、同川沿いは今では年中を通して花が咲き、例年春に行われる桜祭りは風物詩となっている。

 同サミット当日は川の清掃をし、流域の小学生による総合授業の地域学習で学んだ研究発表や、中学生による吹奏楽や太鼓の演奏も実施。地域住民400人ほどが集まる同会あげての一大イベントとなった。

 特別号の完成を受け、杉田会長は「今後も『川を活かしたまちづくり活動』を続け、支え合う力を養える地域づくりをしていきたい」と決意を新たにした。

宮前区版のトップニュース最新6

「認知症カフェ」オンラインで

「認知症カフェ」オンラインで 社会

グリーンハイツなど 県が支援

4月16日号

半世紀ぶり制服改定

菅生中学校

半世紀ぶり制服改定 教育

生徒主体にデザイン決定

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

住宅地9年振り下落

宮前区公示地価

住宅地9年振り下落 社会

16地点がマイナスに

4月9日号

危険なバス停 8カ所

宮前区内

危険なバス停 8カ所 社会

国交省 調査結果を公表

4月2日号

選手紹介にパラアート

みのり会×川崎BT

選手紹介にパラアート 社会

大型ビジョンに14人の肖像画

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter