宮前区版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

ボクシング、日本フェザー級タイトルマッチに挑む 日野 僚さん 有馬出身 31歳

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena

思い、拳にのせて

 ○…プロデビュー戦は、開始1分のはじめてもらったパンチでダウン。なんとか判定勝ちしたが、ヘッドギア無し、薄いグローブでの本気のパンチに、「頭がなくなったのでは」と思うほどの衝撃が今も心に残る。タイトルマッチは11月。頂点が拳の届くすぐそこに見えている。

 ○…4人きょうだいの末っ子。有馬小・中時代は毎日外で元気に遊び、中高ではバスケットボールに打ち込んだ。鷺沼周辺で地元の気の置けない仲間と飲み明かした大学時代。筋肉をつけようと、通学途中にあった川崎新田ジムに入会した。フィットネスのつもりだったが、ボクシングに魅せられプロの道へ。「ボクシングのことで頭がいっぱい。勝って、みんなの喜ぶ顔が見たい」

 ○…競技を続けながら仕事をしようと、時間が定まっているという理由で、自動車学校の教官に。よく笑う朗らかな性格で「怒らない指導」を心掛けるが、「真剣になると、目つきの鋭さを言われます」と苦笑い。教習所ではプロボクサーと明かしており「みんなが応援してくれている」。試合には、人柄を慕って友人など、多くの人が応援に駆け付ける。コロナ禍で歓声は聞けずとも、存在が支えとなり、その一撃を後押しし、何度でも立ち上がらせてくれた。「応援がなかったら、今まで何度倒れていたことか」。仲間の存在を噛みしめる。

 ○…14戦中9戦をKO勝ちしている。後半戦でのKOが多いが「体力には自信がないんです」と謙虚な姿勢。とはいえ、大舞台に向け「これから調子を上げていく」ときっぱり。初対戦となる相手だが「出たとこ勝負。今に集中して、やるべきことをやって、自分のスタイルを貫く」。その瞳の奥に、静かな闘志が燃えている。

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

高橋 乃愛さん

東京都代表としてバドミントンの全国大会に出場する

高橋 乃愛さん

野川台在住 14歳

10月22日号

福井 俊哉さん

認知症疾患医療センターに認定されたかわさき記念病院の院長を務める

福井 俊哉さん

潮見台在勤 66歳

10月15日号

庄司 佳子さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した

庄司 佳子さん

幸区在住 69歳

10月8日号

中村 幸二さん

富士見台ウルフ少年野球クラブの監督を務める

中村 幸二さん

馬絹在住 64歳

10月1日号

日野 僚さん

ボクシング、日本フェザー級タイトルマッチに挑む

日野 僚さん

有馬出身 31歳

9月24日号

渡辺 啓さん

宮前区まちづくり協議会のウォーキング部会で部会長を務める

渡辺 啓さん

鷺沼在住 70歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook