宮前区版 掲載号:2022年4月15日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス4月号  連載寄稿 リモートワークで仕事の効率アップ! 〜市内宿泊施設テレワーク利用促進事業〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

掲載号:2022年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市議会予算審査特別委員会にて、「かわさきテレワーク応援プラン」を次年度への事業継続を求め質疑しました。

 本市はこれまで、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用してテレワークの拡大を図ってきました。コロナ禍ともあり、通勤せずに職場以外の場所で仕事をする人も増えてきました。本市では、こうした感染状況を捉え「かわさきテレワーク応援プラン」において、仕事の快適な環境創出をサポートしています。

 本事業は、テレワークの促進と、市内宿泊施設の利用促進を目的に、利用者に一定額の補助を行なっています。通勤時の混雑を緩和し、人の移動を減らす事で感染リスクの低減に効果を発揮してきました。昨年度実施した際の補助額は、利用料に応じて、2500円から5000円の補助となっていました。宿泊は対象外で、一時利用のみでした。令和3年11月15日から始まった宿泊版では、1000円から5000円のクーポン付与で支援していました。

 市内には宿泊施設が51施設あります。デイユースで利用可能だったのは35施設で、宿泊可能施設は36施設でした。令和4年2月28日を持って事業は一旦、終了しましたが、デイユースは予算額に対して9割以上の執行となり好評でした。そこで、議会において事業の継続を求めたわけです。

 令和4年度の市内宿泊施設テレワーク利用促進事業は、継続する事になりました。既に始まっており、令和4年4月1日から令和4年7月31日までとなっています。予算の上限に達した際は終了です。利用対象は、デイユースをシングル利用してテレワークを行う、市内在住・在勤者となります。補助額は最大で3500円、「じゃらんnet」で販売しています。

 本事業は、宿泊客が減少しているホテル事業者にとっても経済効果を発揮します。感染防止の観点からも、「働き方改革」の視点からも本事業は効果を得るものと考えます。制度をより多くの市民の皆様に知って頂き、必要に応じて利用頂くことが肝要です。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

VOL.57

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

川崎市議会議員 浅野文直

5月27日号

知って得する、マイナポータルとは!

宮前ガバナンス5月号  連載寄稿

知って得する、マイナポータルとは!

川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月20日号

川崎でエネルギー自給自足は可能か?

市政報告

川崎でエネルギー自給自足は可能か?

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

4月29日号

リモートワークで仕事の効率アップ!

宮前ガバナンス4月号  連載寄稿

リモートワークで仕事の効率アップ!

〜市内宿泊施設テレワーク利用促進事業〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月15日号

22年度予算、コロナ対策重視

県政報告

22年度予算、コロナ対策重視

県議会議員(自民党)持田文男

4月1日号

通級指導教室の体制整備が一歩前進

一人によりそう。明日へつなぐ 市政報告

通級指導教室の体制整備が一歩前進

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook