神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2022年6月17日 エリアトップへ

宮前ガバナンス6月号  連載寄稿 つながれ、ミライのまちへ! 〜宮前区制40周年〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

公開:2022年6月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

 宮前区は昭和57年7月に誕生しました。行政区再編成により、高津区から分区しました。令和4年を迎え、今年で40年の節目を迎えます。私が子どもの頃の自宅住所は、高津区でした。当時、自宅前の市道は舗装もされておらず、砂利道にある水溜りを避けて登下校していました。近所では、防空壕が点在していました。今ではその市道は舗装され、防空壕は擁壁で隠れています。子どもの頃の記憶は、遠い過去のものとなりました。この40年間、宮前区の街は大きく変わりました。

 宮前区の発展は、交通網の整備と共にありました。分区前の昭和41年に東急田園都市線(溝の口〜長津田)が開通し、都心と直通でつながりました。昭和44年には東名高速道路が全面開通し、川崎ICを中心にモータリゼーションは進みました。森林で覆われた丘は、土地区画整理事業等により造成され、宅地化を促進しました。

 昭和57年の宮前区の人口は14万8千人余でした。現在は23万4千人を超えました。この40年間で約1・5倍に増えました。将来人口推計では、令和17年をピークに、24万3千人まで増加する見込みです。

 令和4年度は、宮前区制40周年を祝うイベント事業が目白押しです。キャッチフレーズは「つながれ、ミライのまちへ」です。令和4年7月1日の記念式典を中心に、区内で様々なイベントを予定しています。恒例の「響け!みやまえ太鼓ミィーティング」「農家巡りウオーキング」は、40周年にちなんだ企画を検討しています。

 「宮前ふるさとアーカイブ事業」では、昭和57年前後の街の風景を記録した写真を、区民より募集しています。ご提供頂いた写真は、宮前図書館とコラボして、秋に展示会を予定しています。区のウェブサイトからも紹介する予定です。冒頭、私の登下校時に見た懐かしい「ふるさとの風景」を、写真を通じて見れる事を期待しています。

 イベント詳細は、宮前区ウェブサイトで確認できます。区民の協働により、40年の記念事業を盛り上げていきたいです。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

菅生保育園敷地の将来的活用について

市政報告Vol.48

菅生保育園敷地の将来的活用について

川崎市議会議員 矢沢たかお

3月29日

一年間の議会活動を振り返る

市議会報告  あしたの川崎・日本維新の会川崎市議団

一年間の議会活動を振り返る

 高戸ともこ

3月29日

若年性認知症の支援体制の強化

一人によりそう。明日へつなぐ。 市政報告

若年性認知症の支援体制の強化

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月29日

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!予算審査特別委員会での質問報告!

保育所等を誰でも簡単に利用できる時代

宮前ガバナンス3月号 連載寄稿

保育所等を誰でも簡単に利用できる時代

〜こども誰でも通園制度(仮称)導入へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

3月15日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月5日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook