神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2022年7月15日 エリアトップへ

宮前ガバナンス7月号  連載寄稿 安心して子育て出来る、街づくりを! 〜(仮称)宮前区保育・子育て総合支援センターを整備へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

公開:2022年7月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

 川崎市総合計画第3期実施計画の宮前区計画によると、区内の0から14歳の人口の割合は、13・7%と、市内7区の中で最も高くなっています。「夫婦と子」のみからなる世帯の比率は、32・5%で、7区で最も高くなっています。核家族の比率は高く、子育て支援を求める声が多い地域だと言えます。適切なタイミングで適切な支援を提供するためには、それなりの支援体制が必要となります。本市では、すべての子育て世帯に対応した支援拠点の整備を進めてきました。

 その一つとして、土橋保育園を改修して機能強化を図ります。老朽化した施設から(仮称)「宮前区保育・子育て総合支援センター」に改築します。令和5年秋ごろの開設を目指して整備を進めています。保育・子育て総合支援センターでは、民間保育所等への支援や人材育成、保育所、幼稚園、小学校、区役所など関係機関との連携・連絡調整を図ります。併設する地域子育て支援センターでは、親子が安心して遊べるスペースがあり、保護者のリフレッシュの場としてだけでなく、子育て相談ができると共に、同世代のお子さんを持つ保護者同士の交流の場となります。

 宮前区内には既存の子育て支援施設が複数あります。地域子育て支援センターは8カ所あり、0歳から就学前の子どもと保護者が交流する場を提供しています。子育てをサポートする専任のスタッフにより、あらゆる相談に対応しています。親子とふれあう遊びの場は、子どもの声でいつも賑わっています。地域の子育ての情報発信や講座も開催しています。

 「宮前区保育・子育て総合支援センター」を開設することで、本市の目指す「切れ目のない細やかな支援」が提供されます。宮前区に引っ越して来られた子育て世帯には、頼れる施設となります。子どもの成長と共に、求められる必要なサービスは変化します。本市の施策は、地域全体で子どもや子育て家庭を見守り、支え、誰一人取り残さない支援体制づくりに取組み「良好な子育て環境」を創設します。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

菅生保育園敷地の将来的活用について

市政報告Vol.48

菅生保育園敷地の将来的活用について

川崎市議会議員 矢沢たかお

3月29日

一年間の議会活動を振り返る

市議会報告  あしたの川崎・日本維新の会川崎市議団

一年間の議会活動を振り返る

 高戸ともこ

3月29日

若年性認知症の支援体制の強化

一人によりそう。明日へつなぐ。 市政報告

若年性認知症の支援体制の強化

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月29日

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!予算審査特別委員会での質問報告!

保育所等を誰でも簡単に利用できる時代

宮前ガバナンス3月号 連載寄稿

保育所等を誰でも簡単に利用できる時代

〜こども誰でも通園制度(仮称)導入へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

3月15日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月5日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook