川崎区・幸区版 掲載号:2015年2月6日号 エリアトップへ

2月8日に開催される「市町村対抗かながわ駅伝競走大会」の川崎市チームの監督を務める 小出 敏之さん 元浅田小教諭 60歳

掲載号:2015年2月6日号

  • LINE
  • hatena

走り続ける一路の人生

 ○…「毎年優勝めざして頑張っている。当然今年も同じですよ」。川崎市チームの監督を務め今年で7年目。初めて監督に就任した第63回大会では川崎市チームを23年ぶりの優勝に導いた。しかしその後は低迷。それでも「登録メンバー全員を川崎市出身や在学などの”川崎っ子”にこだわっている。信頼のおけるスタッフ陣にも恵まれ仕上がりは順調。故障者なく臨みたい」と意気込みを見せる。

 ○…マラソンに目覚めたのは小5の頃。東京五輪で銅メダルを獲得した円谷幸吉氏の活躍をテレビで見守りマラソン熱に火がついた。そもそも走ることが好きだったこともあり、中高とも陸上部に入部。強豪・日本大学の陸上競技部の門を叩き、出場は叶わなかったが2年時にチームは箱根路の大会を制した。教員となってからもマラソンを継続。ランナーとして心に残るのは、琵琶湖のマラソン大会に4年連続で出場したこと。「選抜された全国トップ選手とともに走れて嬉しかったですね」。でもそれ以上に魅力を感じてきたのは多くの人と出会えること。「今もマラソンを通じて知り合った仲間に囲まれている。それが一番の幸せかな」

 ○…日課は毎朝1時間のジョギング。走りすぎで時々鍼灸を受けると「そこまでやらなくてもいいでしょ」と健康を気遣う夫人からチクリ。川崎市で生まれ、娘とともに3人暮らし。父と同様に学生時代陸上を続けていた長男は結婚し、初孫も誕生した。「なかなか会えないけどやっぱり孫は可愛いね」とニッコリ。

 ○…小学校教諭として38年間、川崎区の浅田小と麻生区の千代ヶ丘小では校長を歴任した。定年を迎えた離任式には、初めて担任を受け持った当時の教え子の姿も。「お祝いに駆けつけてくれ感無量でした」。「道を外しても子どもを見捨てない。子どもの考えも尊重する」―そんな思いで貫いた教員生活を経て、仲間や教え子とともに真直ぐな人生の道を走り続けていく。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

渡部 堅三さん

川崎地域連合の議長に就任した

渡部 堅三さん

川崎区在勤 60歳

11月26日号

明石 洋子さん

【Web限定記事】川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

11月19日号

兼頭(かねとう) 智子さん

川崎南税務署長として納税推進の旗振り役を務める

兼頭(かねとう) 智子さん

川崎区榎町在勤 60歳

11月12日号

SATO YURIさん(本名:佐藤友梨)

ビューティージャパンファイナリストとして日本大会に臨む

SATO YURIさん(本名:佐藤友梨)

幸区在住 

11月5日号

浦野 一吉さん

全国防犯協会連合会防犯栄誉銅賞を受賞した

浦野 一吉さん

川崎区池上新町在住 73歳

10月29日号

梅本 誠さん

エンタメ集団「川崎セブンスター」の代表を務める

梅本 誠さん

川崎区中瀬在住 63歳

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook