神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」で居場所事業を担う 佐藤 翠(みどり)さん 東京都在住 32歳

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

 ○…東日本大震災の被災地からの避難者や引きこもり、そしてLGBTQ当事者。様々な生きづらさを抱える人々が集える「居場所」づくりを、「すくらむ21」の職員として担う。特に13年続く「女性の避難者のためのほっとサロン」では、自身も故郷の福島県いわき市で被災した立場から、「当事者の気持ちに近い所で寄り添えていると思う」という。

 ○…震災当日は、大学受験を終えて自宅近くの書店にいた。幸いけがはなく、家族も無事だった。3週間ほどの避難生活の後、福島市内の大学へ。学生生活を通じて、助成金をもらった人ともらえなかった人、原発事故で避難した人としなかった人など、被災者にも様々な立場と考え方があることを体感した。

 ○…大学ではもう一つ、大きな気づきがあった。所属したダンスサークルで、同性愛を「ネタ」に笑いを取るなど学生たちの差別意識に直面し、サークルを退会。熱血漢とは真逆の性格だが、どんな立場であれマイノリティー当事者を笑い飛ばす態度に、強い違和感を覚える自分を発見した。「今なら『それはダメなことだ』と言える」と振り返る。

 ○…卒業後は被災者も含む生活困難者や社会的弱者の支援団体に参画し、相談業務に従事。「死にたい」と訴える相談者の声を受け止め、「子どもが性別に違和感があると言う」という親の悩みに寄り添った。その縁で2021年に「すくらむ21」へ転職。居場所事業に加え、直近ではLGBTQに関する特別授業を市立小学校で開催した。「自分が社会を変えられると思わないけれど、変わればいいな、とは思う」と話すスタンスで、この仕事を通じて、生きづらさを抱える人たちにそっと寄り添い続けるつもりだ。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

斎藤 優貴さん

数々の国際ギターコンクールで優勝し、世界を舞台に活躍するギタリスト

斎藤 優貴さん

多摩区出身 26歳

4月12日

沖山 秀次郎(ひでじろう)さん

少年消防クラブ指導者として総務大臣表彰を受賞した

沖山 秀次郎(ひでじろう)さん

川崎区桜本在住 78歳

4月5日

佐藤 翠(みどり)さん

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」で居場所事業を担う

佐藤 翠(みどり)さん

東京都在住 32歳

3月29日

杉山 孝博さん

社会医療法人財団 石心会理事長を務める

杉山 孝博さん

幸区在勤 76歳

3月22日

本田 志帆さん

全日本学生フルコンタクト空手道選手権に優勝した

本田 志帆さん

幸区戸手在住 20歳

3月15日

太田 隼矢さん

美男コンテスト「ミスター・ジャパン2023」でグランプリを受賞した

太田 隼矢さん

宮前区出身 26歳

3月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook