川崎区・幸区版 掲載号:2016年4月15日号 エリアトップへ

4月1日付で第19代川崎区長に就任した 土方 愼也さん 宮前区在住 58歳

掲載号:2016年4月15日号

  • LINE
  • hatena

柔和さの中に光る剛毅さ

 ○…区政の舵取り役としての重責を担う川崎区長に今月1日、就任した。高津区長を経て現職に。「区長経験があるから、区政運営のコツは掴んでいるだろう」という周囲の見方に対し「土地が変われば、地域の成り立ちや歴史も違う。だから、高津区のやり方が川崎区で通用するとは思わない」と一蹴する。「心機一転、一からのスタートです」と気を引き締める。柔和な笑顔、柔らかな話しぶりが印象的だ。

 ○…青山学院大学を卒業後、1982年に川崎市役所に入所。企画調整部門に長年在籍し、主に総合計画の調整に携わった。思い出深い仕事の一つに挙げるのが、地方分権改革。「当時取り組んできた仕事が、今の区役所改革など形として実りつつある」と感慨深げな様子。駆け出し時代には障害児の家庭のケースワーカーとして、相談者と笑顔や喜び、自信を共有することができたことも「行政マンとしての醍醐味を実感した瞬間」として胸に刻まれている。

 ○…川崎区については「小さな頃から定期的に参拝に訪れている川崎大師があり、親しみを感じる地域」と話す。旧東海道の散策や臨海部・キングスカイフロントは、真っ先に行ってみたい場所だという。一方、区政を進めるうえでの基本は「安全」「安心」「元気」ときっぱり。さらに、「出会いを大切に」をモットーに掲げる。高津区長時代、顔見知りの区民が実は縁戚であることが発覚したという出来事もあるだけに「多くの新たな出会いを楽しみにしています」。

 ○…趣味のアユ釣りはもっぱら毛バリ釣り(ドブ釣り)が専門。少年時代から親しんでいた早川をはじめ、酒匂川をホームグラウンドに楽しんでいる。もっとも、「ここ数年は休日も出勤する日が増え、年に数えるほどしか行けない」と苦笑いを浮かべる。本格的に楽しむ”解禁日”はもう少し先といったところか。妻、一男一女の4人家族。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

緑川 愛(あいら)さん

発達障害への偏見を無くそうと、執筆や啓発イベントを行うプロボクサー

緑川 愛(あいら)さん

神奈川渥美ジム(川崎区)所属 36歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

大久保 謙二さん

京急川崎駅駅長を務める

大久保 謙二さん

横須賀市在住 57歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

山田 益男さん

幸区文化協会会長として活躍する

山田 益男さん

幸区幸町在住 64歳

3月6日号

岩 篤志(いわ あつし)さん

小学校や自身のコミュニティカフェで「食」を通したまちづくり活動を行う

岩 篤志(いわ あつし)さん

幸区堀川町在勤 36歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク