川崎区・幸区版 掲載号:2017年6月2日号 エリアトップへ

川崎市ふれあい館館長を務める 田(チョン)貞桃(チョンド)さん 川崎区大島在住 61歳

掲載号:2017年6月2日号

  • LINE
  • hatena

「チャンゴ」屈指の使い手

 ○…地域に住む日本人と外国人が交流する施設「川崎市ふれあい館」(川崎区桜本)の5代目館長として、4月から館の舵取り役を務める。「飾らない気さくな人柄」が周囲の評。その言葉通り、館では子どもから年配者まで誰もが「チョンドさん」とフレンドリーに接する光景が見られる。館長としての意気込みは「地域の居場所として誰もが訪れやすい場を引き続き、つくっていきたい」と笑顔を見せる。

 ○…幸区戸手出身の在日コリアン2世。若かりし頃は韓国・朝鮮の打楽器「チャンゴ」に魅せられ、全国各地を演奏して回っていた。30代前半で韓国の権威ある大会で優秀賞を獲得し、その世界では日本有数の使い手として知られる。市ふれあい館には14年前から勤務。長年、子どもの遊び指導やチャンゴ教室の指導などに携わる。

 ○…館近くの桜本商店街や市立さくら小学校ではチャンゴやプク(太鼓)、ケンガリ(金属打楽器)などを駆使した韓国・朝鮮の農楽(伝統芸能)「プンムルノリ」が毎年披露されている。秋の終わり頃には「キムジャン」と呼ばれるキムチづくりの体験会も開かれている。来年には開館30周年を迎える中、館に関わる様々な人による文化普及活動が地域に根ざしつつあることに目を細める。「この地域には東南アジアや南米など、いろいろな国の人がいて、みんな仲良く暮らしている。多文化の色をもっと出していければ」と、さらなる意欲を見せる。

 ○…中学、高校時代は卓球部でならした「スポ根」女子を自認する。高校2年生と3年生の時にはインターハイに出場。館ではしばしば子どもたちと対戦し、その腕前を発揮する。また、「凝り性」であるともいい、ステンドグラス制作にも没頭した時期もあった。いつかはハーモニカやウクレレにチャレンジしたいと夢見るが、館長職として多忙を極める当面はお預けとなりそうだ。
 

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

須山 守さん

そば職人として2020年度「かわさきマイスター」に認定された

須山 守さん

川崎区大師町在住 62歳

3月5日号

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

橘 孝さん

【Web限定記事】「羽田増便による低空飛行ルートに反対する川崎区民の会」の代表世話人を務める

橘 孝さん

川崎区田町在住 71歳

2月19日号

鶴田 ちなみさん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」のメンバーで幸区を担当する

鶴田 ちなみさん

幸区出身 

2月12日号

土谷 文明さん

1月6日付で川崎日航ホテル総支配人に着任した

土谷 文明さん

宮前区在住 54歳

2月5日号

岡田 恵利子さん

「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」の川崎支部を立ち上げた

岡田 恵利子さん

幸区中幸町在住 38歳

1月29日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク