川崎区・幸区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

JR川崎駅駅長を務める 大野 武一さん 横浜市鶴見区在住 56歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

明朗快活な笑顔が印象的

 ○…あす17日、JR川崎駅に待望の北口通路と北改札の供用が始まり、改札内商業施設「エキナカ」が開業する。第70代の川崎駅駅長として、歴史的な場面に立ち会う。「新しい駅ができるような思いでいる」と、現在の心境について語る。供用開始により、駅の混雑が一極集中から分散されることが見込まれる中、駅利用者の流れの変化やそれに対応した駅運営は気になるところ。一方で川崎大師方面への案内など「今まで以上に丁寧な接客ができる」と笑顔を見せる。

 ○…自他ともに認める明るい性格。部下たちには「明るく仕事をしてほしい」と常々口にする。駅長に就任して3カ月。サッカーJ1・川崎フロンターレが優勝記念パレードを行った際、大勢のサポーターが南武線を使って嬉しそうに駅を降りていく光景は印象に残る。「市民の盛り上がりを感じた」といい、365日、「こうした笑顔が溢れるような駅づくりを目指したい」。

 ○…山梨県身延町生まれ。高校卒業を機に上京し、1980年(昭和55年)に旧国鉄に入社。鶴見線・安善駅での業務を振り出しに東京駅、新子安駅、横浜駅などで働いた。川崎駅は競馬や競輪開催時に改札業務のサポートとして携わり、「熱気を感じていた」と当時を振り返る。主に営業畑を歩み、駅の運営業務に勤しんだ。川崎駅長は川崎地区長として鶴見駅や鶴見線、南武支線、南武線・登戸駅での管理業務に携わるが、こうした業務経験が生きているという。

 ○…妻の影響で大のベイスターズファン。大洋ホエールズ時代から応援し続け、キャンプ地まで足を運んだこともある。関内駅長時代には「ハマの番長」こと、三浦大輔選手(当時)が駅を訪れたことは良き思い出だ。本拠地としていた川崎球場(現富士通スタジアム川崎)も馴染み深い場所でよく観戦に訪れた。「球場ラーメンが懐かしいね」。目を輝かせながら嬉しそうに語る姿が印象的だった。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

小松崎 将和さん

川崎港郵便局長を務める

小松崎 将和さん

川崎区東門前在住 55歳

6月18日号

神尾 香澄さん

川崎競馬所属では3人目の女性騎手で5月26日に初勝利をあげた

神尾 香澄さん

幸区小向仲野町在住 19歳

6月11日号

青山 正彦さん

女性活躍を推進する(株)ユーフォリアファミリーの代表を務める

青山 正彦さん

川崎区小田栄在住 64歳

6月4日号

岩川 舞さん

幸区SDC「まちのおと」でコーディネーターを務める

岩川 舞さん

幸区鹿島田在勤 43歳

5月28日号

原 達芳さん

神奈川県行政書士会川崎南支部の支部長に就任した

原 達芳さん

川崎区渡田新町在住 50歳

5月21日号

小松原 徹さん

4月17日付けで川崎消防団団長に就任した

小松原 徹さん

川崎区旭町在住 73歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter