川崎区・幸区版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

老人ホームなどにボランティアでハーモニカ訪問演奏をする 鈴木 務夫(かねお)さん 幸区小倉在住 91歳

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

何やるにも元気が大事

 ○…とても91歳とは思えない力強い音を出す。15年前から市内を中心に老人ホームなどの施設でボランティアでハーモニカ訪問演奏を行っている。確かな演奏と軽妙なトークが評判を呼び、演奏依頼が後を絶たない。月平均20日はステージに立ち、訪れた施設は170に上る。24種類のハーモニカとスピーカー、譜面などを詰めた重さ10キロ近いリュックを背負って施設を回る。「鈴木さんが来ると元気になるって言われるんだ。新しい人と出会って会話するのは生きがいだね」と楽しそうに笑う。

 ○…ハーモニカとの出会いは74歳の時。川崎駅地下街のアゼリアでハーモニカサークルの演奏を聴いた妻が興味をもち、練習場に顔を出したところ、自分が入ることに。本など見ながら練習し、ほどなく市民祭りなどのステージに立つまでに上達。唱歌、民謡、歌謡曲、軍歌とレパートリーは何百曲あるか分からない。

 ○…栃木県芳賀郡出身。11人兄弟の3番目。父が厳しく、家での勉強は一切許されず、学校で全てを覚えなければならなかったため、集中力が鍛えられたという。終戦後、1947年に富士電機に就職し上京。現役時代は仕事一筋。設計が専門で東海村の原発1号機に携わった。マージャンも好きで、川崎区の京町老人いこいの家などで月に5日、マージャン教室の先生もしている。几帳面な性格で今までの演奏してきた日、施設などはすべて記録に残してある。

 ○…最近、近所の老人会に入会した。「みんながしている草むしりが大変そうで、自分がやってやろうと思って」と言うが自身が最年長だ。「何をやるにも、やるなら楽しくやらなきゃね」と前向きだ。演奏会にマージャン教室にと忙しい毎日だが「健康で冗談言って笑って生活できればいい」

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

梅本 誠さん

エンタメ集団「川崎セブンスター」の代表を務める

梅本 誠さん

川崎区中瀬在住 63歳

10月22日号

高田 健二さん

全日本ベテランテニス選手権の男子85歳以上ダブルスの部で優勝した

高田 健二さん

幸区神明町在住 85歳

10月15日号

中村 博基(ひろもと)さん

大師稲荷神社の宮司に就任した

中村 博基(ひろもと)さん

川崎区中瀬在住 41歳

10月8日号

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook