川崎区・幸区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

畑作りからわらび餅製造に取り組む 大谷 茂さん 川崎区大師駅前在住 53歳

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

めげない諦めない人生

 ○…「国産わらび粉が手に入りにくくなったので、日本の食文化を守るためにも自分で作ろうと思った」。川崎大師仲見世通りでわらび餅店を始めて10年。3年前から山梨県北杜市に3000坪の畑を借り、原料のわらびを自ら生産し、畑から手作りの純自家製本わらび粉で作ったわらび餅製造への取り組みを始めた。

 ○…今回のプロジェクトにあたり3月にクラウドファンディングに挑戦。「自分たちのやろうとしている事を知ってもらえるし、どれだけの人に応援してもらえるかも知りたかった」。昨年秋、初めて収穫した約100kgのわらびから精製できたわらび粉は約10kg。「まずは応援してくださった方々に味わっていただきたい」と感謝を述べる。

 ○…傾きかけた父親の会社を立て直すため大学を中退し、長く務めるが訳があり退社。その後、解体業をしながら一旗揚げようと、露天商をしていた時、焼き栗FC店を川崎大師でやらないかと誘われた。川崎区小田出身ということで、縁を感じスタートしたものの、全く売れず、家もなく、従業員と2人で店の土間にシュラフで寝るような貧乏生活だった。2008年暮れ、ある事情で焼き栗販売ができなくなり、京都の友人にわらび餅の販売をさせて欲しいと頼み、生活を凌いだ。その後、自らわらび餅を製造販売するため弟子入りし、修行をした。他より売れる理由は、素材へのこだわりだと分かり、日本の食文化への意識が高まった。

 ○…今後の日本の内需を見越し、台湾、タイ、香港など海外へ販路を広げる。夢は今やろうとしている生産の1次産業から加工販売の6次産業までをモデルとして海外に輸出販売すること。貧乏時代に世話になった人への感謝を忘れず、失敗を恐れず、「毎日動いて毎日前に進む」日々だ。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

服部 由弥(ゆうや)さん

「かながわ駅伝」1区で区間賞を取った

服部 由弥(ゆうや)さん

市立塚越中学校3年 15歳

2月21日号

田中 伸子さん

読み聞かせ団体「絵本の会 あいあい」の代表として活動する

田中 伸子さん

川崎区大師町在住 65歳

2月14日号

サワドゴ・ブーレイマさん

母国・ブルキナファソに「絆高校」を創設した

サワドゴ・ブーレイマさん

川崎区扇町在勤 45歳

2月7日号

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎区出身で、都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

1月31日号

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎区出身で、都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

1月24日号

山本 洋さん

チームをアメフト日本一に導いた

山本 洋さん

富士通フロンティアーズHC(ヘッドコーチ) 45歳

1月24日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月10日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク