川崎区・幸区版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

個人飲食店支援のクラウドファンディングプロジェクトリーダーを務める 菊池 厚志さん 幸区戸手本町在住 30歳

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena

苦境に屈せず前を向く

 ○…新型コロナウイルスの影響で売り上げに苦しむ個人経営の飲食店を盛り上げようと「♯がんばろうカワサキ『サキ盛り!』」プロジェクトを立ち上げ、6月15日までクラウドファンディングを展開する。

 ○…緊急事態宣言後、店を開けることが「悪」とされ、まちも暗かった。まちぐるみで何か前向きなことをやりたいと、同業の仲間を巻き込み、仲見世通商店街の「ハシゴしナイト」のような食べ・飲み歩きイベントと未来チケットを組み合わせたクラウドファンディングを企画。開始から10日ほどで100人以上から支援が集まった。「まだ付き合いのない酒屋さんからも支援したよって声をもらって嬉しかった」と感謝する。

 ○…幸区戸手本町で生まれ育つ。勉強嫌いで高校を2年で中退。通信制高校卒業後、色々仕事に就いたが長続きしなかった。20歳で一生の仕事は何かを考え、それまでの経験で一番楽しかった飲食店に道を定めた。飲食店の醍醐味は自分達が作った料理、空間などで人に喜んでもらえること。串揚げ店で修行し、3年後に店の先輩と学芸大学に出店。休日なしで朝10時から夜中3時まで働いたが、楽しくて仕方なかった。初めて川崎を外から見て、川崎の良さを実感し地元での独立を決意。24歳で川崎区に串揚げ店をオープンした。以降、ワインバル、炉端焼き店など展開し、9月には砂子通りに6店目の新店をオープン予定。

 ○…厳しい状況にありながら「プラスの考えの時しか前進はしない。今をどうしたら楽しめるか」とその目は常に前向きだ。コロナ後は、いろいろ中止になったイベントの代わりにまち全体を盛り上げることができたらと思っている。それが今回支援してくれた人たちへの恩返しにもなる。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーを務める

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

9月3日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

川崎パシフィック法律事務所代表弁護士 44歳

8月27日号

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に就任した

堀田 彰恵さん

中原区在勤 60歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook