川崎区・幸区版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に、4月8日付で就任した 吉田 明宏さん 高津区在勤 58歳

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena

地域とともに「成長路線」

 ○…社長ポストの候補となり、クラブ経営やチームの課題など2週間かけて必死で学び、富士通の役員の前でプレゼンに臨んだ。「試合は若い頃に少し観戦したことがあるくらい。意欲を買ってもらったのかも」。目指すは、クラブを地域のインフラ的存在に導くこと。「サッカーを通じて、健康、教育、防犯などあらゆる面で地域を支え、無くなったら市民の皆さんが困ってしまうほどに」と思いを込める。

 ○…米国に駐在していた2001年9月11日、空港の搭乗口で緊急避難の一報。慌てた様子の妻からも電話が鳴った。世界貿易センター隣の富士通が入るビルに向かう直前だった。「多くの社員も被災し、まさに衝撃だった」。テロと戦う米社会の中で、自然と備わった危機管理意識。帰国後、会社からリスクマネジメントの責任者に任命。東日本大震災時には、福島県内のパソコン工場を島根県に移転する陣頭指揮を執った。「人命を最優先に、被害を最小限に抑え、ビジネスの継続も使命でした」

 ○…神戸大でアメフトに打ち込み、1988年に富士通へ入社。「選手仲間と、都会に行けるとワクワクしてたら意外に田舎でしたね」と当時を回想。今も運動や筋トレを欠かさず、「1カ月に10冊」という読書家の一面も。家族との時間も大切にし、「子ども目線で子育てしてきた」という娘とは、今ではビジネスを語り合える関係だ。

 ○…フロンターレをアジアにも浸透させることが目標の一つ。SDGsにも目を向け、地元企業との連携も視野に入れる。「川崎はモノづくりのまち。試合観戦される関係者の方も多い。ご支援いただく皆様をつなげ『フロンターレ経済圏』を作れたら」。ビッグクラブとなった今も、地域とともに成長を続ける。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

吉澤 慶太さん

川崎銀柳街商業協同組合の理事長に就任した

吉澤 慶太さん

幸区堀川町在住 57歳

6月24日号

吉田 優輝さん

全日本フルコンタクト空手道選手権大会女子中量級で優勝した

吉田 優輝さん

新極真会川崎東湘南支部川崎道場所属 18歳

6月17日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。幸区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

幸区中幸町在勤 27歳

6月10日号

米澤 奈緒さん

川崎区盛り上げ隊の隊長を務める

米澤 奈緒さん

川崎区出来野在住 41歳

6月3日号

八木 美智子さん

第57回神奈川県看護賞を受賞した

八木 美智子さん

川崎区藤崎在住 60歳

5月27日号

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に、4月8日付で就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook