町田版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

1/23(月)・24(火) 「共に生きる」テーマ 槙坪監督追悼上映会

教育

「母のいる場所」パンフレット
「母のいる場所」パンフレット

 9月に死去された映画監督・槙坪夛鶴子さんの追悼映画会が、1月23日(月)、24日(火)に町田市民フォーラム3階ホールで上映される。 槙坪さんは、自閉症や介護などをテーマに、これまで7作品を制作した。

 今回上映されるのは、全7作品の中から「母のいる場所」と「わたしがSuki」の2作品。「母のいる場所」は、老親介護を通して子育てや夫婦のあり方、親子関係などを見つめ直す作品。出演は紺野美沙子、馬淵晴子、米倉斉加年、小林桂樹ら。「わたしがSuki」は、家にも学校にも居場所のない青年、少女たちの思春期と援助交際、薬物、性暴力などを取り上げ、自分を見つめ直し、生命の尊さを感じ、「自分らしさ」を取り戻し「わたしを好き」になってもらいたいという願いを込めた作品。出演は片桐夕子、酒井奈都美、江畑浩規ら。

 上映時間は23日=母のいる場所(10時30分〜、16時〜)、わたしがSuki(13時30分〜、19時10分〜)、24日=わたしがSuki(10時30分〜、16時20分〜)、母のいる場所(13時〜、19時〜)。

 料金は「母のいる場所」が1000円、「わたしがSuki」が600円。2本組は1500円。未就学児無料。当日券のみ。

 「車いすに預けた小柄な体、よく通る声、強く優しい眼差しと心を持つ方だった槙坪監督。『共に生きる』をテーマとした全7作品の中から今回は2作品を選ばせて頂きました。我が身に近いこととして、全ての世代の方に観て欲しい映画です」と主催者。

 問い合わせは主催者・街の保健室で心もつなぐ会【電話】&【FAX】042・719・7766
 

町田版のローカルニュース最新6件

社会人で「3年後ドラ1」へ

まち子におまかせ!

4コマ漫画連載スタート

まち子におまかせ!

3月15日号

それぞれの企画で盛況

町田山崎団地・町田木曽団地

それぞれの企画で盛況

3月15日号

発明体験してみよう

未来のエジソンは君だ!

発明体験してみよう

3月15日号

二胡演奏会開き地域交流

続ける 被災者の「心の支援」

あれから7年忘れない東日本大震災

続ける 被災者の「心の支援」

3月15日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春季囲碁大会

春季囲碁大会

3月25日(日)正午スタート(11時半受付)

3月25日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク