町田版 掲載号:2012年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

「Jで再びゴール決める」

 ――J昇格の率直な感想。

 「町田にJのチームが出来るとは全く想像出来なかった。今の子どもたちが町田のトップチームを目指せることになると考えると、凄いことをやったなと。嬉しさもあるが、もっと上を目指さないといけない」

 ――これまで多くの方がチームを支えてきたが。

 「目の前にあることを1つずつ乗り越えてきた。竹中コーチや色々な人の支えでチームが進化してきた。コーチや監督、選手やスタッフと立場は違うが、ボール1つでみんなが繋がることは本当に素晴らしい」

 ――チームとして険しい道のりだったと思うが。

 「クラブとして株式会社にしたときは、リスクを覚悟して前に進んだと思う。それで失敗する可能性もあったし、加入した2006年はサッカースクールを運営して給料を自分たちで稼がなければならなかった。サポーターもサッカースクールに通う子どもとその保護者が多かった。よくやってきた」

 ――最終戦で笛が鳴った瞬間はどう感じたか。

 「やっとここまできたかと。チームに在籍してから濃い6年だったとひざまずいた。本当に力が抜けた。6年間やれと言われたらできないが、毎年が勝負だからこそやってこれた」

 ――J昇格を決定づけたアルテ高崎戦のゴール。

 「試合後は多くの方から『運を持ってる』と言われたが、僕ほど持っていない選手はいない。年間30何試合出てその年に退団になったこともあった。何で自分なんだと、そう思ったこともあった。だからあの試合で力になれてよかったと心から思っている」

 ――J2の舞台でどんなサッカーをしたいか。

 「自分たちがボールを動かしてパスをまわし、主導権を握って勝つサッカーを。簡単にはいかないが常に理想は追い求めて美しく勝つサッカーがしたい」

 ――Jリーグチームになることについて。

 「子どもたちは自分たちの町にあるプロサッカーチームに憧れてサッカーができるだろうし、サポーターは生きがいを持って生活ができる。経済的にも効果があるだろうし、町田のブランド力も高まるだろうから、もっとそういう存在に近づきたい。これからが本当に大事になる」

 ――昇格して対戦したいチームや選手は。

 「古巣が3つ(湘南ベルマーレ・モンテディオ山形・ザスパ草津)あるからそことの対戦は楽しみ。できればそこでゴールを決めたい。対戦したい選手というか、小学生の頃からの付き合いの戸田選手(元日本代表・戸田和幸)と敵味方関係なく一緒にピッチでプレーできたら楽しいと思う」

 ――最後に今年の抱負を。

 「Jリーグの選手にはなったが、まだピッチに立てるとは決まっていない。まずはチーム内の争いに勝つこと。そしてJリーグのピッチでゴールを決めたい。自分のできることを1つ1つやっていくだけ」
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク