町田版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

サルビアRC 「復興に役立てて」 市と協力しゴミ収集車贈呈

社会

引渡しを行う落合孝美会長(右)と石阪丈一町田市長(18日・町田市役所)
引渡しを行う落合孝美会長(右)と石阪丈一町田市長(18日・町田市役所)

 東京町田サルビアロータリークラブ(落合孝美会長)は20日、ゴミ収集車を東日本大震災で被害を受けた宮城東部衛生処理組合に贈呈した。

 これは町田市が同組合に贈ることを決め、同ロータリークラブが仲介したもの。このゴミ収集車は2002年に市が購入したもので、現在約9万Km走行している。売却する予定だったが、同組合から問い合わせがあり、今回の贈呈となった。

 宮城県の多賀城市、七ヶ浜町、利府町、松島町の4市町で構成している同組合では、処理場内での運搬などに利用される予定。

 同ロータリークラブはこれまでにも、市から譲り受けた消防ポンプ車を被災地へ贈る仲介役を果たしている。落合会長は「陸前高田市や大船渡市に行ってきましたが、まだまだ町の復旧、復興には程遠く、これからの道のりが険しく、そして厳しいことを強く実感しました。今後も長期にわたり様ざまな形で支援を続けていきたいと考えています」と話している。

 ゴミ収集車は同ロータリークラブのメンバー3人で、20日の早朝に町田を出発して、交代で運転しながら現地に着。多賀城市役所で贈呈式が行われた。落合会長は「多賀城市の菊池健次郎市長とのお話では『多賀城市は被災地の中でも瓦礫処理が一番早く進んでいるんですよ』とおっしゃっていたが、まだまだ復旧、復興には程遠い状態でした」と現地での感想を話す。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

2月15日号

2歳児預かり始まる

幼稚園

2歳児預かり始まる

2月15日号

共同アンケート実施

町田市長選

共同アンケート実施

2月15日号

首都圏バトル5

FC町田ゼルビア

首都圏バトル5

2月15日号

地元で楽しむバレンタイン

出身校で凱旋公演

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク