町田版 掲載号:2012年9月13日号
  • googleplus
  • LINE

ボックス&マップで安心 駐車場が"防災"仕様に

備蓄する水などは、定期的に新しいものを用意するなど常に「臨戦態勢」だという
備蓄する水などは、定期的に新しいものを用意するなど常に「臨戦態勢」だという

 ”もしも”の時は駐車場へ――。JR町田駅南口近くの「アイペック町田南口第一駐車場」(相模原市南区上鶴間本町)の入口横にこのほど、防災ボックスが設置された。9月中には避難所などを記した防災マップも設置される予定だ。

近隣住民の備えに

 防災ボックスの中身はは、救急セット・ラジオ・懐中電灯・水のほか、簡易トイレやジャッキ、拡声器、折りたたみ式担架など、一般家庭では備えづらいと思われるものも常備。駐車場利用者にとどまらず、近隣の住民が利用することを想定しているという。

 運営会社の(株)アイペック(本社/成瀬が丘)では、昨年の東日本大震災前から、「住民が災害時に『ここに来れば何とかなる』という場所を提供することで、地域に貢献したい」と、駐車場を防災の拠点として活用できるよう、ボックスの設置を計画。震災後、改めて必要なものを検討し直したほか、震災で「車で避難しようとして、避難場所が分からず、津波に巻き込まれた」というケースが多発したことを受け、防災マップの用意も決定した。

ソーラーパネルで使用電力の発電も

 なお、場内は今夏、節電・省エネを意識したリニューアルを敢行。ソーラーパネルを装着し、照明をはじめ、場内で使用するすべての電力を賄うようにしたばかり。また、電気自動車の充電もできるようになった。同社では「いずれはカーシェアリングができるようにする予定」としている。

 同社は、市内で運営する20カ所の駐車場についても、徐々に同様のリニューアルをしていくことも視野に入れているという。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

2月15日号

2歳児預かり始まる

幼稚園

2歳児預かり始まる

2月15日号

共同アンケート実施

町田市長選

共同アンケート実施

2月15日号

首都圏バトル5

FC町田ゼルビア

首都圏バトル5

2月15日号

地元で楽しむバレンタイン

出身校で凱旋公演

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク