町田版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

地元野菜 地産地消と復興支援 経営店舗で、イベントで

採れたて野菜は「黒がね」で餃子に
採れたて野菜は「黒がね」で餃子に

 市内在住の大田黒順司さんは、小野路の菜園で自家栽培したネギやキャベツなどの野菜を自らが経営するぎょうざ専門店「黒がね」の食材として活かしている。「野菜摂取が少なくなった現代、食べやすい餃子なら簡単に野菜が摂取できるのでは」と店を始めた。

 また同氏は町田商工会議所飲食業部会副部会長も兼務しており、同会議所主催で11月に行われた「きらり☆まちだ祭」では、地元野菜のほか、同じく町田産の白豚や「東京X(エックス)」を使用した豚串や、ミネストローネを販売。地域の住民に地産地消を勧めると共に、売り上げの半分を東日本大震災で被災した石巻に送金するなど復興支援にも役立てた。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

2月15日号

2歳児預かり始まる

幼稚園

2歳児預かり始まる

2月15日号

共同アンケート実施

町田市長選

共同アンケート実施

2月15日号

首都圏バトル5

FC町田ゼルビア

首都圏バトル5

2月15日号

地元で楽しむバレンタイン

出身校で凱旋公演

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク