町田版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

「里山の魅力」伝える拠点に 来館者10万人突破の里山交流館

社会

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
里山交流館自慢の庭に立つ山崎凱史館長
里山交流館自慢の庭に立つ山崎凱史館長

 2013年にオープンし、先月来館者数が10万人を超えた小野路宿里山交流館。山崎凱史館長にその魅力について聞いてみた。

 小野路は市内でも数少ない歴史が残る町。その景観を保ちたい、通りをよくしたいという思いで、山崎館長が所属する「小野路宿通り協議会」は、15年ほど前から車道の拡幅や歩道の確保、電線の地中化などで奔走し、江戸時代の旅籠・旧角屋は観光、交流の場として残すことに決めた。そうした活動をしていく中、山崎館長は町田市と協議し指定管理者として委託された。「ここは地域活性化に重要な施設。訪れる人たちを迎え入れ、喜んでもらえるよう、地域住民がおもてなしをする。厨房やフロア係には、近所のお母さんや小学校PTAのOBたちに協力してもらい、協議会メンバーにも運営を手伝ってもらっている。地域の中で仲良くスクラムを組めたのがここまで順調に進めた要因だと思う。地域が一つになった」と振り返る。

 また地元農家の協力により新鮮で安い地元野菜を提供。当初土日のみの販売で、オープン後一週間で「野菜ないのか」の声が殺到。毎日店頭に並べた。野菜に農家の顔写真を載せ、作り手が分かるように。「一生懸命作ってくれて、リピーターも増えた。お互いの良い刺激になったようだね」

 飲食のメニューは、「品数を最小限にし、美味しいものを出そう」と考えた。いま大好評の小野路産の地粉を使った「小野路うどん」の誕生だ。もう一つは「コロッケ」。地元の学生に立ち寄ってもらいたいとの発想から生まれた。ひと月で1500個を売り上げ、「受け入れられた」と感じたという。山崎館長は「里山教育」にも力を注ぐ。「ここで休憩して、近くの里山をハイキング。今の子たちには珍しい体験だからね」。遠方からも大型バスで小学生がやってくる。「これからも子どもが喜ぶイベントをやっていきたい。庭の竹を切って筒にして『流しうどん』をやったりね」と話している。

町田版のローカルニュース最新6

新年に「福」よ来い

新年に「福」よ来い 文化

アルル。で新春招福展

1月13日号

記者が取材・体験してレポート

記者が取材・体験してレポート 社会

ご近所情報サイト「レアリア」

1月13日号

地域に根差し健康支え40年

地域に根差し健康支え40年 社会

協栄スイミングクラブ町田で記念式典

1月13日号

ロウバイ見ごろ

バリトン市川宥一郎が歌う

日伊声楽コンコルソ優勝記念

バリトン市川宥一郎が歌う 文化

1月13日号

自転車の正しい乗り方を学ぼう

知っているようで知らない!?

自転車の正しい乗り方を学ぼう 社会

町田市介護人材バンク特別講座

1月13日号

『町田独立宣言』

町田への愛と危機感を込めた渾身の一冊。今春、町田市内書店にて発売予定!

https://ameblo.jp/takahiro0938/

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook