町田版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

残り試合「勝ちきる!」 キヤノンイーグルス

スポーツ

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena

 キヤノンイーグルスは今季11節を終え、4勝7敗、総勝ち点20で、トップリーグ16チーム中10位という成績だ(2016年12月12日現在)。

 2012年に日本ラグビーの最高峰”ジャパンラグビー トップリーグ”に昇格して以来、11位、7位、7位、6位と順調にその順位を高めてきたキヤノンイーグルスではあるが、5シーズン目の今シーズンは苦戦している。

 8月末に開幕した今シーズンの公式戦、初戦のコカ・コーラ戦に勝ったが、その後ヤマハ発動機、東芝、サントリー、神戸製鋼、パナソニックと、前半戦9試合で強豪・古豪と対戦しなければならないスケジュールの中で、上手く流れを掴むことができなかったといえる。

惜しい試合続く

 今シーズンはヤマハ発動機戦、パナソニック戦という好カード2試合を町田市の野津田陸上競技場で開催したが、残念ながらともに勝てなかった。

 4勝7敗と3つ負け越してはいるものの、11試合での得点が253、失点が259と、得失点差はわずかにマイナス6点となっている。1位ヤマハ発動機、2位サントリー、3位パナソニック、4位神戸製鋼、5位トヨタ自動車の上位5チームまでが得失点差がプラス。マイナス6点という数字はこれらのチームに次ぐ6位になる。それだけキヤノンはここまで惜しい試合が多かったといえる。

 事実、東芝、リコー、トヨタとの試合は負けたとはいえ7点差以内の敗戦、リコー、サントリー、パナソニック、トヨタ自動車との試合では前半はリードしていた。

 今一歩のところで勝ちきれないという試合に、ファン・サポーター、そして誰よりも選手たちが悔しい思いをここまで持ち続けたはずだ。

 しかし、直近の近鉄ライナーズ戦は、敵地・東大阪市花園ラグビー場で行われ近鉄への大声援の中で行われた試合だったが、17-10(前半10-0)で勝ち、後半に追い上げられたものの、後半逆転されるという悪い形を断ち切ることができた。

最後まで勝ちきる

 残すところ4戦、12月18日NECグリーンロケッツ戦、12月24日クボタスピアーズ戦、新年1月8日NTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦はいずれも東京・秩父宮ラグビー場で、そして今シーズンの最終戦は1月14日HondaHEATと花園ラグビー場で行われる。キヤノンイーグルスは最後まで、到達できる最高順位を目指し、残りの試合をすべて勝つ気持ちで臨む。

写真はいずれもキヤノンイーグルス提供
写真はいずれもキヤノンイーグルス提供

町田版のローカルニュース最新6

緊急事態宣言下には交通死亡事故が増加

【Web限定記事】町田警察署交通課が注意喚起

緊急事態宣言下には交通死亡事故が増加 社会

1月14日号

園内に甘い香り漂う

【Web限定記事】忠生公園

園内に甘い香り漂う 社会

1月14日号

令和3年の運試し

タウンニュース新春企画

令和3年の運試し 社会

1月7日号

子どもの夢育てる

子どもの夢育てる 文化

東京町田RC「幼児画展」

1月7日号

今こそ本格演劇を町田で

今こそ本格演劇を町田で 文化

観劇の輪広げ35年

1月7日号

介護の入門的研修

介護の入門的研修 社会

町田で始める介護のしごと

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク