町田版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

JA忠生 年金友の会 投げ輪に念込め  会員同士で親睦

社会

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena
「入れ〜」と念を込めて投げ輪を投じる参加者
「入れ〜」と念を込めて投げ輪を投じる参加者

 JA町田市忠生支店の年金友の会(尾作武会長)では現在2150人以上の会員が所属しており、一年を通じて春秋の旅行やグランドゴルフ大会、健康管理講演会など、職員や会員同士の親睦を深めるための様々なイベントを行っている。

 今月14日には忠生支店の4階と2階フロアを会場に、「第3回輪投げ大会」が開かれた。回を追うごとに参加者も増え、今年は160人が出場。和気藹々と5m先の的棒を狙って輪を投げ合った。

 尾作会長は「年配者だらけの会だけど、みんな元気ですよ。大会の準備は大変だけど、JA職員の方々がとても一生懸命で、みんな安心してイベントを楽しんでいます」と話す。

 今大会のルールは1点から9点までの点数がつけられた9本の的棒を標的に、9個の投げ輪を1試合に3回ずつ投げ、その合計得点を競うというもの。チーム戦で2試合ずつ行われた。

 最高得点は141点を取った花岡直生さん(73)。地元の老人クラブなどで輪投げ経験があり、今月末には東京都大会に出場するという花岡さんは「毎週練習している成果が出ました」と喜んでいた。JA忠生支店では「今後も会員の皆さんが楽しんでもらえるようなイベントを企画していきたい」としている。

町田版のローカルニュース最新6

独留学の腕前披露

独留学の腕前披露 文化

初のソロリサイタル

1月21日号

駅前を華やかに

ペデストリアンデッキに装飾

駅前を華やかに 文化

1月21日号

吹奏楽部の熱い思いを募集

地元音響機器メーカー

吹奏楽部の熱い思いを募集 文化

オンライン配信をサポート

1月21日号

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定

【Web限定記事】2021シーズン

町田ゼルビア、新ユニ&背番号が決定 スポーツ

1月21日号

「心の強い子に育てる」オンラインセミナーを開催

国際版画美術館で20年度の新収蔵作品展

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク