町田版 掲載号:2018年2月1日号
  • googleplus
  • LINE

55年前の音を再現 ピアノ調律師の酒井さん

文化

 団塊の世代が子どもの頃に聞いた懐かしいピアノの音をもう一度―。55年前のピアノの当時の音を取り戻そうと調律をしている酒井美登さん(=人物風土記で紹介)。このピアノは1963年(昭和38年)ごろに製造されたヤマハのアップライトピアノ。ピアノが広く家庭に普及する少し前のもので、音を出すために見えない部分まで凝った作りになっているという。

 今のピアノと比較すると大人しめの音色。戦後20年当時のロマンを感じさせるという。「音が鳴らなければただの木の箱。楽器としてよみがえらせたい」と酒井さん。鍵盤のタッチを正しい位置に戻し、弦などの消耗品を新しいものに変える作業が続くが、来週には調律を完成させる予定だ。ピアノは小野路のピアノカフェショパンに置いてあり、誰でも弾いて当時の音を楽しむことができる。問合せは【電話】042・734・1889岡さんへ。

町田版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「記憶の繭を紡ぐ」

開催中

「記憶の繭を紡ぐ」

国際版画美術館で

6月30日~9月2日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク