町田版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

つくし野小 楽しみながら異文化体験 「えいごのまちだ」取組み進む

教育

講師と交流する児童ら(写真上がガーナ、右下がアメリカ、左下がフィリピンのブース)
講師と交流する児童ら(写真上がガーナ、右下がアメリカ、左下がフィリピンのブース)

 町田市立つくし野小学校(渡邉真校長)で9日、5・6年生を対象にした国際交流イベント「English Festa」が開かれた。児童がゲームに参加しながら英語を使い、異文化体験を楽しんだ。

 世界各国から来日し、公立小中学校で外国語授業を担当しているALT(外国語指導助手)が出身国のツアーガイドとなって、それぞれの国の文化やスポーツを児童に体験してもらう同イベント。アメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ガーナなどさまざまな出身地の講師と交流した。「パスポート」を手にして各国スペースを回り、ゲームを終えると講師からスタンプがもらえるという形式。

 町田市では市独自の「えいごのまちだ」事業として、2020年度から始まる新学習指導要領に先行して本年度から小学1・2年生で年間6時間、3・4年生で35時間、5・6年生で70時間の外国語の授業を実施。教育委員会指導課の奥田奈緒子さんは「町田市は子育て世代の流入も多く、『教育で選ばれる町田』を目指すべくこの取り組みを行っています。新学習指導要領に先行して実施することで、児童たちに慣れてもらうのはもちろん、教員もしっかりとした準備ができます」と説明した。

 今回のイベントは高ヶ坂小や南小など市内で6校目。「英語=アメリカ」というイメージに囚われないよう多様な背景を持つ講師たちと交流できるのが特徴で、フィリピンでは伝統文化の「バンブーダンス」、ガーナでは民族衣装柄の栞作りなどを体験した。5年生の女子は「カナダのアイスホッケーに参加しました。はじめは難しかったけれどだんだん慣れて、最後は楽しかったです」と感想を述べた。

町田版のトップニュース最新6件

さくらまつり今週末から

輝く地元のアスリート

スポーツアワードまちだ

輝く地元のアスリート

3月21日号

町田後援会を発足

女子プロゴルファー河本結

町田後援会を発足

3月14日号

連携深め地域活性

高ヶ坂・成瀬地区協議会

連携深め地域活性

3月14日号

町田のいだてんを応援

市民ランナー発イベント開催

町田のいだてんを応援

3月7日号

団地でスゴロク!

町田木曽団地

団地でスゴロク!

3月7日号

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク