神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2019年2月14日 エリアトップへ

つくし野小 楽しみながら異文化体験 「えいごのまちだ」取組み進む

教育

公開:2019年2月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
講師と交流する児童ら(写真上がガーナ、右下がアメリカ、左下がフィリピンのブース)
講師と交流する児童ら(写真上がガーナ、右下がアメリカ、左下がフィリピンのブース)

 町田市立つくし野小学校(渡邉真校長)で9日、5・6年生を対象にした国際交流イベント「English Festa」が開かれた。児童がゲームに参加しながら英語を使い、異文化体験を楽しんだ。

 世界各国から来日し、公立小中学校で外国語授業を担当しているALT(外国語指導助手)が出身国のツアーガイドとなって、それぞれの国の文化やスポーツを児童に体験してもらう同イベント。アメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ガーナなどさまざまな出身地の講師と交流した。「パスポート」を手にして各国スペースを回り、ゲームを終えると講師からスタンプがもらえるという形式。

 町田市では市独自の「えいごのまちだ」事業として、2020年度から始まる新学習指導要領に先行して本年度から小学1・2年生で年間6時間、3・4年生で35時間、5・6年生で70時間の外国語の授業を実施。教育委員会指導課の奥田奈緒子さんは「町田市は子育て世代の流入も多く、『教育で選ばれる町田』を目指すべくこの取り組みを行っています。新学習指導要領に先行して実施することで、児童たちに慣れてもらうのはもちろん、教員もしっかりとした準備ができます」と説明した。

 今回のイベントは高ヶ坂小や南小など市内で6校目。「英語=アメリカ」というイメージに囚われないよう多様な背景を持つ講師たちと交流できるのが特徴で、フィリピンでは伝統文化の「バンブーダンス」、ガーナでは民族衣装柄の栞作りなどを体験した。5年生の女子は「カナダのアイスホッケーに参加しました。はじめは難しかったけれどだんだん慣れて、最後は楽しかったです」と感想を述べた。

町田版のトップニュース最新6

水球でパリ五輪へ

三輪町在住伊達さん

水球でパリ五輪へ

世界に挑戦 「楽しみ」

7月18日

街の課題に視野

町田駅周辺市街地団体

街の課題に視野

幹事長に加盟商店会長

7月18日

猛暑の脅威 町田でも

猛暑の脅威 町田でも

市 熱中症対策に施設開放

7月11日

「高校生枠」設け、着用促す

自転車ヘルメット補助金

「高校生枠」設け、着用促す

町田市 今月、受付開始

7月11日

「トリマー技術」保護に生かす

成瀬在勤森野さん

「トリマー技術」保護に生かす

コンテストで先ごろ、優勝

7月4日

障害者理解に部発足

町田市議有志ら

障害者理解に部発足

パラスポーツ通じ目指す

7月4日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook