町田版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

つくし野小 楽しみながら異文化体験 「えいごのまちだ」取組み進む

教育

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena
講師と交流する児童ら(写真上がガーナ、右下がアメリカ、左下がフィリピンのブース)
講師と交流する児童ら(写真上がガーナ、右下がアメリカ、左下がフィリピンのブース)

 町田市立つくし野小学校(渡邉真校長)で9日、5・6年生を対象にした国際交流イベント「English Festa」が開かれた。児童がゲームに参加しながら英語を使い、異文化体験を楽しんだ。

 世界各国から来日し、公立小中学校で外国語授業を担当しているALT(外国語指導助手)が出身国のツアーガイドとなって、それぞれの国の文化やスポーツを児童に体験してもらう同イベント。アメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピン、ガーナなどさまざまな出身地の講師と交流した。「パスポート」を手にして各国スペースを回り、ゲームを終えると講師からスタンプがもらえるという形式。

 町田市では市独自の「えいごのまちだ」事業として、2020年度から始まる新学習指導要領に先行して本年度から小学1・2年生で年間6時間、3・4年生で35時間、5・6年生で70時間の外国語の授業を実施。教育委員会指導課の奥田奈緒子さんは「町田市は子育て世代の流入も多く、『教育で選ばれる町田』を目指すべくこの取り組みを行っています。新学習指導要領に先行して実施することで、児童たちに慣れてもらうのはもちろん、教員もしっかりとした準備ができます」と説明した。

 今回のイベントは高ヶ坂小や南小など市内で6校目。「英語=アメリカ」というイメージに囚われないよう多様な背景を持つ講師たちと交流できるのが特徴で、フィリピンでは伝統文化の「バンブーダンス」、ガーナでは民族衣装柄の栞作りなどを体験した。5年生の女子は「カナダのアイスホッケーに参加しました。はじめは難しかったけれどだんだん慣れて、最後は楽しかったです」と感想を述べた。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

市葬祭事業に継続求める声

市葬祭事業に継続求める声 社会

署名活動を市内で開始

10月28日号

箱根路目指し予選に挑む

市内2大学

箱根路目指し予選に挑む スポーツ

23日、立川で無観客開催

10月21日号

周知高め寄付促進

町田市ふるさと納税

周知高め寄付促進 社会

3ポータルサイトを利用

10月21日号

3氏が議席争う

衆院選東京23区

3氏が議席争う 政治

19日公示、31日投開票

10月14日号

生徒守る刺股講習

桜美林学園

生徒守る刺股講習 社会

町田署が協力

10月14日号

5人目の名誉市民に

つくし野在住伊賀健一氏

5人目の名誉市民に 社会

面発光レーザー創案

10月7日号

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook